一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

目の下のしわをなくす方法から分かる肌質改善の秘訣

      2016/12/05

皆さまは目の下のしわの悩みをお持ちでしょうか。

どうしても歳を重ねていくと目の下のしわが気になってしまいます。

また目の下のシワは人の実年齢よりも老けて見せてしまいますのであまり良い結果を我々にもたせません。

そして生まれつき目の下のにシワがあるので失くしたいと思ったり、いくら保湿をしてもシワが消えなかったり歳を取って目の下にシワができてしまったけど、消えないと言う方のためにどうしたら良いかと言うことをお話させていただきます。

シワの原因

まず悩みを解決するにはシワの原因を知ることが大切になります。

それは裏を返せば目の下のシワの原因は1つだけではないと言うことです。

結果として目の下のシワの原因には大きく分けて言うと2つの原因があります。

そのうちのまず1つ目は一般的にはちりめんジワと呼ばれるものになりまして乾燥によってできてしまうものです。

そしてもう1つは真皮が退化してできてしまうものになります。

ではもし皆さまの目の下にシワがあった場合には上記のどちらのシワの原因になるのだろうかと言うことを明確にするために行っていただきたいテストがあります。

それはとても簡単な方法になるのですが、まず目の下を水で濡らします。

そしてもしもシワが無くなったのであればシワの原因は乾燥によるものになります。

これは皮膚が乾燥したことによって目の下に細かいヒビが入ってしまったことになるので水分を与えれば目立たなくなります。

水分を加えてもシワが無くならない場合には真皮(肌の弾力性があるプニプニした部分のことです。

)が退化した理由になります。

どちらの原因かが分かったらそれぞれの対処法がありますので実践していただければと思います。

乾燥が原因の場合

では目の下のシワが乾燥が原因の場合ですが、これは小ジワやちりめんジワと呼ばれるくらいで、とても浅くて治しやすいシワになります。

このように乾燥が原因の場合でシワができてしまった場合は水分を与えて保湿をすることでシワを無くすことができます。

肌にはもともと角質細胞間脂質と言う保湿成分が備わっておりましてこの成分が通常は我々の体の保湿をしてくれているはずなのですが、シワができる時に乾燥が原因の場合にはこの角質細胞間脂質の保湿成分が効かなくなってしまっている状態になっているのです。

そしてその最も多い原因となっているのが洗顔やシャワーのやり過ぎになります。

特に顔面については衛星を保つ上でも洗顔はとても大切な作業になるのですが、でも過度の洗顔や石鹸を肌に与えてしまうと角質細胞間脂質が弾かれてしまうのです。

洗顔をした後には今度は自分で肌の外部から保湿をしなければならないのです。

乾燥が原因の場合には保湿をする時に最も良いとされている成分がセラミドになります。

セラミドの効果

皆さまはセラミドの効果について、よくご存知ありますでしょうか?

セラミドの効果と言うのは細胞間脂質の主な成分となりまして、とても凄い保湿力を発揮してくれる成分となるのです。

もしかすると皆さまがご使用になっている化粧品にもセラミドの効果があるかも知れませんが、ただセラミドは原価が高いので商品単価が安い化粧品に入っていなかったり入っていても超低濃度の場合が多いのです。

実際にセラミドの効果とはどの程度優れているかと言いますと湿度が0%の所でも保湿力が保てると言う点です。

ですので目の下のシワが気になる方にとってはセラミドが配合されている化粧品を使用することで問題が解決いたしますし、また口の周りなどの乾燥しやすい部分に対してもセラミドの効果を抜群に発揮することができるのです。

真皮の退化が原因の場合

次に目の下のシワが真皮の退化が原因の場合についてのお話をさせていただきますが、皆さまも年齢を重ねていくと『最近年のせいかシワが増えてきたな』と思うことがあるかとおもいますが、そんな時の理由はたいてい真皮の退化が原因の場合になります。

そこで具体的に真皮の退化が原因の場合にはどのようにして改善をして行けば良いかと言うお話の前に、そもそもの原因とは何になるのかのお話をさせていただきたいと思います。

実は真皮の退化が原因の場合のシワと言うのはもともと表情ジワと言いまして表情が変わった時に自然と現れるものになるのです。若い時にはこの表情ジワができたとしてもハリや潤いで自然に治るものだったのですが、歳を重ねるとそうも行きません。

この真皮の退化が原因の場合にはだいたいが老化と紫外線によるものが大きな理由となります。紫外線についても若い時には気きにないで何もケアをしていなかった方は歳を重ねると紫外線によって真皮が硬くなっていまって弾力がなくなってしまうことがあります。

ですのでもしまだ皆さまが10代や20代であれば将来に目の下のシワができないように今のうちから紫外線をカットしておくと良いでしょう。

さらに紫外線と言うのはコラーゲンを作る真皮芽細胞にもダメージを与えてしまいますのでコラーゲンやエラスチンが作られなくなってしまうのです。

では真皮の退化が原因の場合にはどのようにして目の下のシワを改善して行けば良いのかと言いますと、レチノールか整形をすることが良い手法とされています。

ただ整形については一般の方ですとさほど馴染みがないと思いますし、整形手術時による切開ですとか注射によってコラーゲンを注入する時には他の部位とは違って目になりますので手術ミスがあったり拒絶反応を起こしてしまった時にはとても大変なことになってしまいます。

このようなことを考慮いたしますとレチノールを使用して治した方が整形手術時のリスクもありませんしレチノールにはコラーゲンとエラスチンを生成する真皮芽細胞を活性化させる効果がありますのでだんだんと肌に潤いとハリが現れてきて目の下のシワの改善には適しています。

ちなみにレチノールが配合されている化粧品はドラッグストアやインターネットでも簡単に入手をすることができますし、レチノールに変わるとしてはアスタキサンチンがあります。

皆さまもどこかでアスタキサンチンと言う言葉を聞いたことがあるかと思いますが、アスタキサンチンには肌のハリをアップさせる効果がありますので弛んでしまった表情シワを正常に戻してくれることが期待でします。

このようなことから、真皮の退化が原因の場合にはレチノールかアスタキサンチンが配合されている化粧品を使用して改善するのが良いでしょう。

 - 目のシワ