一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

まつ毛が抜ける原因は主にメイク!抜けやすい状態なら美容液で増やす方法がおすすめ

   

まつ毛用のメイク道具

まつ毛は髪の毛や体毛と同じく、毛なので生えては抜けるを繰り返しています。

ビューラーにまつ毛が絶えず引っついてる(泣)最近、まつ毛が少なくなったような気がする。前より抜けやすい感じがするんだけど。という状態が続いてまつ毛が抜けて減ってきているのならば、それは自然のサイクルではない場合が多いです。

このような悩みがある場合は、まつ毛用美容液などを使ってまつ毛を丈夫にしていくのが楽で簡単。

まつ毛も肌と同様に傷みやすく、乾燥などの刺激に弱いもの。肌をスキンケアするようにまつ毛にはまつ毛にあった美容液でケアをしてあげると健康的なまつ毛が維持できるようになります。

まつ毛が抜けるのはメイクで刺激を与え過ぎたから

まつ毛が少ないとただ化粧が決まらないだけではありません。まつ毛は目を守るために、そこに生えているのでまつ毛がないと頭や額から垂れる汗が目に入りやすくなってしまいます。また、まつ毛はホコリが目に入るのを防ぐなどの役割もあるのでそのままにしておくと別の問題が出てくる可能性もあります。

ただまつ毛が抜けるようになった原因は、主にアイメイクです。

マスカラが重くのしかかり、まつ毛を弱くしてしまう、ビューラーでまつ毛を挟む、ホットビューラーの熱、まつ毛パーマなど様々な刺激がまつ毛のダメージとなってしまい、まつ毛をダメにしてるのです。

メイクをするのが悪い訳ではありませんが、まつ毛を保護するためにメイクしない日を作る、ビューラーのやり過ぎに注意する、メイクはしっかり落とすなどまつ毛に優しいメイク習慣を始めていきましょう。

また髪の毛がストレスや食生活が原因で抜けるようにまつ毛も生活環境が原因で抜けやすくなるので栄養素にも気を配ることが大切です。

まつ毛のための美容液でまつ毛が抜けやすい状態を改善

まつ毛が抜けないようにするためには、前章で書いたようにメイクに気をつけるのが大事ですが、それにプラスでまつ毛用美容液を利用するのがおすすめです。

まつ毛の育毛剤もありますが、こちらは医療品で医師の処方箋が必要だからです。ネットで簡単に購入できるようになっているのですが、一般的にはまつ毛美容液の商品が多く普及しています。

まつ毛美容液

名前の通り、美容液なので育毛成分は配合されていません。まつ毛を保湿して丈夫にする事で抜けにくいまつ毛を作るのが目的です。まつ毛を丈夫にすれば成長しやすくなるため、抜けにくくて長いまつ毛になれたという口コミも多いです。まつ毛を作っていく土台にもなります。

配合成分はセンブリエキス、コラーゲン、ヒアルロン酸など肌の保湿に馴染み深い成分が含まれているのが特徴であくまでも美容液です。

まつ毛育毛剤

まつ毛育毛剤が誕生したきっかけは、まつ毛を伸ばすためではありません。緑内障の治療薬だったルミガンが、副作用としてまつ毛が伸びたのがきっかけで誕生しました。そして、そこからまつ毛の育毛剤ができてきたのです。

まつ毛育毛剤に含まれるのは、ビマトプロストと呼ばれる成分です。育毛効果は美容液よりもあるのですが、充血や目のかゆみなども伴う場合があるため、まつ毛育毛剤はあまりおすすめできません。

海外の輸入品を利用する方法もありますが、できるなら医師に相談してから利用するようにしましょう。

おすすめのまつ毛用美容液

スカルプDのまつ毛美容液


スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラムの詳細

育毛剤で有名なスカルプDのまつ毛美容液です。パラベンや香料などのまつ毛の刺激となる成分を含んでいない美容液でチップタイプなのでまつ毛美容液初心者でも塗りやすいのがいいです。

口コミでは、まつ毛にコシが生まれた、まつ毛が伸びた?と家族に言われたなどの声があります。まつ毛を丈夫にして抜けにくくなるだけでなく、まつ毛に長さを持たせる効果が期待できます。

リバイタラッシュアドバンス


リバイタラッシュアドバンス

ビオチンやパンテノールを含むグリーンティーとペプチドなどを独自処方し、まつ毛の柔軟性を高めるのに期待できる美容液です。

筆タイプの美容液であり、液が垂れて目の中に入らないように付けるぐらいでいいので余分に使いすぎる心配もないです。筆タイプは美容液をが気になる箇所に塗りやすく、美容液の効果を感じやすくしてくれます。

DHCアイラッシュトニック

美容全般で認知度が高いDHCのまつ毛美容液です。センブリエキスやプラセンタエキスを配合していて、まつ毛を保湿してくれます。また、無香料、無着色、パラベンフリーなどで肌やまつ毛に負担をかけないのも魅力的なポイントです。

数々のコスメサイトで第1位になった美容液なので効果が良いことが分かります。

口コミでは、毎日使ってまつ毛が抜けにくくなり、長くなったとの声があります。また、ビューラーなしでもまつ毛がカールするようになった、まつ毛が戻ってきたとの口コミもあり、まつ毛が抜ける人にとってありがたい商品です。

食生活を急に変えることは難しいので美容液でまずはケアしてみた方が良い

まつ毛が抜けないようにするには「まつ毛を増やす、伸ばす、丈夫にする」の3点がキーワードです。

そのキーワードを満たすのが育毛剤と美容液ですが、育毛剤は効果が高くてリスクも高いので万人受けするアイテムではありません。まつ毛が抜けないようにするならば、食生活の改善も必要です。ですが、変えるのが難しいのであれば上記にあるような口コミでも人気の高いまつ毛用美容液でまずはまつ毛をケアしていくのが良いと言えます。

美容液なら副作用があまりありませんし、様々な商品が出てるので自分に合う商品を選べます。

まつ毛が抜けにくくなる食事やケアについて

まつ毛が抜ける悩みを持つならば、まつ毛用美容液を使うと同時に食生活や睡眠についても考えていきましょう。

まつ毛を育てるために必要なのは、タンパク質やアミノ酸、ミネラルです。こういったまつ毛の成分を作る栄養素が含まれているのは、肉や魚、乳製品、海藻、ナッツ、大豆などです。

これらを食事で摂取するようにすると、まつ毛のための食事ができます。

ダイエットもまつ毛に負担がかかるのでやめよう

ダイエットで肉や魚を抜いてた食事をしてるとまつ毛に負担がかかってしまいます。また、ダイエットのストレスもまつ毛にとって良い物ではないので、食事制限でダイエットするのはまつ毛が抜けにくくなってからの方が良いでしょう。

睡眠も質が良いまつ毛を作るために必要

なぜなら睡眠中は成長ホルモンが分泌されるからです。成長ホルモンは夜10時~深夜2時までの間に多く分泌されます。

この時間はぐっすりと熟睡しているとまつ毛が丈夫になる準備をしやすくなると言えます。夜10時に寝るのは難しいかもしれませんが、なるべく早く寝るように心掛けるのが、抜けにくいまつ毛作りの土台なのです。

メイクの落とし方にも気を付けること

やはりまつ毛が抜けやすくなるのはメイクに原因があります。前述しましたが、メイクと上手く付き合っていけばまつ毛を労る事ができます。

目をゴシゴシ擦ってメイク落とさず、ポイントメイク落としで優しくアイメイクを落とす、マスカラやビューラーなどのアイメイクをしない日を作り、まつ毛に休息を与える、マツエクは頻繁にしない、つけまつ毛は引っ張って剥がさずにぬるま湯やリムーバーで接着剤ごと落とすなどなど。

まつ毛を引っ張らない、擦らない、休息を作るの3点を心掛けるようにしましょう。

まとめ

まつ毛が抜けやすくなると、なんだか気持ちが落ちていきますよね。

まつ毛を抜けにくくするには日々の生活を工夫するのも大事ですが、やはりまつ毛用美容液でまつ毛ケアしている人が多いです。

スキンケア、ヘアケアと日々のケアで忙しいかもしれませんが、まつ毛美容液は塗るだけなので日々のケアに少しプラスするぐらいでいいので思ったより楽で簡単ですよ。

 - 目の周り