一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

マツエクを長待ちさせる方法!マツエクOKのクレンジングを選ぼう

   

クレンジング

マツエクはまつげをきれいに見せるためのものですが、せっかく付けたマツエクがすぐにダメになってしまったらもったいないですよね。

マツエクが取れてはまたマツエクを付けて...と繰り返すと、自分のまつげが痛みやすくなってしまいます。そこで、おすすめのクレンジングやマツエクを長持ちさせる方法をまとめて紹介します。

マツエクとクレンジングの関係

マツエクを付けたまま水で洗っても大丈夫ですが、長持ちさせたいならメイク落としのクレンジングはマツエクを付けたままでも使用可能なクレンジングを使うのがおすすめ。

マツエクに合わないクレンジングを使っているとマツエクが自まつ毛から取れることがあり、そうなると魅力的な目を作ることができなくなります。

また、マツエクをまつ毛と混同している人がいますが、両者には大きな違いがあります。

マツエクとつけまつ毛とはことなり、マツエクは、人口まつ毛に接着剤を付けるので、皮膚に直接まつ毛専用の接着剤を付けることがありません。敏感肌の人でもつけまつ毛のように魅力的な目に見せることができるのがメリットです。

マツエクのクレンジングの選び方

クリームタイプのマツエクは、マツエククレンジングに適さないので使わないようにしましょう。クリームタイプのクレンジングには油分が多く含まれているのでマツエクについている接着剤がはがれ、自まつ毛からマツエクが剥がれて落ちてしまいます。

油分が含まれているクレンジングを使うと、マツエクについている接着剤が自まつ毛から取れてしまうことになり、自まつ毛についていても長持ちしなくなります。マツエクの持ちが悪い場合は、油分が含まれたクレンジングを使用していたパターンが多いです。

目の周り以外にはクリームタイプのクレンジング、マツエクにはマツエク専用のものか、オイル・アルコールフリーのリキッドクレンジング、水性ジェルクレンジング、水クレンジングを使うという方法もあります。

水クレンジングはメイク汚れをふき取るだけなので手軽で便利に使えます。

詳しくは動画をチェックしてみてください!

【リメイ ターマルウォータークレンジングの詳細はこちら】

マツエクをしているならオイルフリー、アルコールフリーのクレンジングをコットンに含ませ目元から力を入れずに、肌になじませていくのがおすすめ。

マツエククレンジングを選ぶうえで油分が含まれていないものを選ぶことはとても重要なことです。今迄に使っていたクレンジングをマツエクした顔のメイク落としに使う場合には気を付けましょう。

今では、マツエク専用のクレンジング用の種類も増えており、マツエクにもつかえる天然オイル入りの薬用クレンジングが販売されています。また、濡れた手でもスルスル伸ばせるという無添加のマイルドオイルクレンジングもあります。

マツエクをしたらオイルフリー、アルコールフリーのクレンジングを新たに買って利用した方が長持ちするのでおすすめです。

マツエクを付けた当日に要注意!付けたら6時間は慎重に行動しよう

時計の画像
マツエクはまつげに直接付けるもので、接着剤(グルー)を利用しますが、乾くまでに時間がかかります。

その乾くまでの時間にマツゲを擦ったり、洗顔したりするとマツエクは取れやすくなるので注意が必要です。

具体的に時間で表すと、マツエクを付けてから4~6時間がマツエクのグルーが乾くまでの時間です。この間の時間に洗顔をするのはご法度。また、マツエクに慣れていなくて違和感があってもこすったり触ったりしないように注意しましょう。

グルーが乾くまでにマツエクを触ってしまうと、マツエクは取れやすくなります。

さらにマツエクのグルーが乾いてまつげに定着するまでに24時間かかります。その間も注意が必要で、マツエクが取れやすくならないようにまつげに負担をかけないようにしましょう。

寝る時はうつぶせで寝ないようにするなど、まつげに負担がかからないようにするのも大切です。

マツエクを付けて24時間以内は、まだマツエクがきちんと定着したとは言えません。そのため、細心の注意を払うのがこれからマツエクが長持ちするかの最初の関門です。

まつげをこすらないようにする

マツエクはまつげに付いているものだとお話しました。付いているという事は、摩擦に弱いのがマツエクの特徴です。例えば、眠い時や目が乾燥している時に目をこする事です。

これが摩擦となり、マツエクが痛みやすい原因となってしまいます。

さらに寝る時にうつぶせで寝て枕に顔をうずめて寝た時、まつげと枕がこすれてしまうのも摩擦です。

また、あまりないとは思いますが、お風呂上がりでまつげに水滴が残っていた時に顔を擦って水滴を取るなども摩擦になります。

まつげについて具体的に摩擦が起こるシーンを例で書きました。日常生活で摩擦が起こる時は何気ない時なのです。

ふとした時に摩擦が起きないように、どんな時にまつげをゴシゴシやるかな?とあなたの日常生活を思い浮かべてみましょう。そして、摩擦が起きないように予防しておきましょう。

水気はきちんと取りましょう。

マツエクは水に弱い訳ではありません。マツエクをしてお風呂に入ったり、シャワーを浴びたりなどはできます。そして、プールや海に行くなどもできます。

マツエクは基本的には水に濡れない方が良いのですが、水に濡れても大丈夫な作りになっています。

しかし、マツエクを接着しているグルーは水にそこまで強い訳ではありません。水が付くまでは良いのですが、水がずっと付いている状態は避けた方がマツエクが長持ちします。

お風呂に入ったら、洗顔時には力を入れず丁寧に洗い、入浴中の熱いシャワーを当てることを避けます。

お風呂上がりや洗顔後にマツエクを乾かす方法には、まずタオルでマツエクの水分をそっと取ります。
マツエクに付いている水分はきちんと取り、マツエクに負担がかからないようにします。

タオルだとタオルの糸などの繊維がまつげについてしまう事もあるため、繊維が少ないティッシュを利用するのがお勧めです。コットンだとフワフワした繊維がマツエクに付くので、避けるようにしましょう。

それが終わったら、次にドライヤーの冷風でマツエクを乾かします。弱い冷風で下から風を当てるようにします。

ドライヤーの熱風だとマツエクが痛みやすくなる他に、目を痛める事につながります。そのため、ドライヤーの弱冷風で数十秒の短時間でマツエクを乾かすようにします。

水分が付いたらこまめにマツエクを乾かしてあげるのが、マツエクを長持ちさせる方法なのです。

メイクを工夫してマツエクを長持ちさせる

最後に、マツエクを長持ちさせるためのメイク方法を紹介します。

マツエクは摩擦に弱いと書きましたが、メイクする時にも摩擦は起こり得ます。例えばアイシャドーです。アイシャドーを指先でアイホール全体に塗ったりなどの目の近くを指で触るとマツエクは痛みやすくなる場合もあります。

そのため、指先よりも面積が狭いアイシャドーのチップでアイシャドーを塗るようにします。

さらにマスカラを塗る時は毛先だけに軽く塗るようにもします。マツエクをすれば普段のまつげよりも長くなりますし、カールもしているのでマスカラは少量にするといいでしょう。

物足りない時や華やかなパーティーや女子会などに行く時だけマスカラを少し塗るようにしてまつげに負担をかけないようにしましょう。

マスカラなどのメイクアップ用品はウォータープルーフを避けるようにします。

ウォータープルーフのメイクを落とすためにはオイル系のクレンジングが必要になりますが、オイル系だとマツエクのグルーを溶かしてしまうためマツエクが長持ちしにくくなります。

また、クレンジングでごしごしと目を擦ると摩擦になってしまうため、マツエクにも良くありません。アイメイクはお湯で落ちるメイク用品に変更することでマツエクを長持ちさせる事ができます。

もしビューラーを利用するのならばホットビューラーを利用しましょう。一般的なまつげを挟むビューラーは、マツエクが痛みやすいです。ホットビューラーでマツエクとまつげを一体化させれば、まつげのケアにもなります。

今までの事をまとめると、アイメイクはお湯で落ちるものを利用する、マスカラは毛先だけ、アイシャドーはチップを利用する、ホットビューラーを利用する。

これがメイクをする時のマツエクを長持ちさせる方法です。

マツエクを長持ちさせるためには、マツエクを付けてから24時間は特に気をつけて過ごす事、マツエク中は摩擦や水気に慎重になる事、化粧はひと工夫する事です。

摩擦は何気ない時に起こります。なるべく目の周りを触らないようにし、メイクや水気の取り方も工夫してマツエクに負荷をかけないようにしましょう。

マツエクの予備知識

マツエクって何?

マツエクとはまつげエクステンションの略です。まつ毛は、目の上の皮膚に接着剤がつきますが、マツエクは、まつ毛1本1本に人口のまつ毛を付けることで目元が美しくなります。美しい目元を作るうえではつけまつ毛と共通していますが、根本的に異なります。

マツエクって人の毛?

最近では、人の毛で作られたマツエクが販売されているようですが、もともとマツエクは人口毛です。ミンク調、シルク調、セーブル調などがあり作られるプロセスの違いによって、毛の硬さ柔らかさ、カールの長持ち度・ハリ・つやが異なってきます。

マツエクはどこで装着する?

マツエクは、まつ毛サロンや脱毛サロンでも装着してもらうことができますが、マツエク装着技術面において各サロンなどで多少異なります。実際に期待どおりのまつ毛にならずがっかりしたと言う人は多いです。

マツエクキットも販売されているので自宅で自分で装着することもできますが、各マツエクキットの添付書、注意事項を良く読んでから行いましょう。

マツエクを自分でつけるには?

※資格がなければ違法行為なのでサロンで施術してもらいましょう。

毛の太さ・長さや色などが大きく異なると、仕上がりが、とても不自然なまつ毛になってしまいますので、自分のまつげに合ったマツエクを選んでつけましょう。

マツエクを自まつ毛につける前にはメイクは綺麗に落としておきます。

メイクの油分がマツエクにつくとマツエクの持続性などの効果が失われるからです。マツエクの先に接着剤を付けで、自まつ毛の根元から約5ミリ離して、マツエクを自まつ毛につけます。

目頭から目尻に向かって、間隔をあけてつけていきます。

全部つけ終わると、魅力的な目もとになっているはずです。

マツエクが取れる主な理由

まつ毛は毛周期の関係で、一日に約4本、多い人で5本以上抜け落ちます。まつ毛は髪の毛と同じで、「成長期」「退行期」「休止期」があり、約3カ月ごとの毛サイクルになっているからです。

マツエクをしたまつ毛が自分のまつ毛と一緒に抜けたという場合は、毛の退行期にあたったからです。約2~3週間は、綺麗なままの状態を維持することができますが、それ以上着けたままを持続できたとしても毛周期の休止期には自まつ毛とともに剥がれ落ちてしまいます。

それ以外にマツエクを付けた自まつ毛が良く抜けるという場合、まつ毛の接着剤によって自まつ毛の水分や脂質が奪われてしまい、自まつげがパサパサになって抜け落ちたことが考えられます。そのようなときにはまつ毛美容液でまつ毛に潤いを与えましょう。

まとめ

マツエクを付けた当日は、接着剤(グルー)が乾くまで負担をかけないようにすることと、マツエクを長持ちさせたいならクレンジングの方法を見直すことからはじめましょう。

マツエク部分と通常の皮膚部分とは異なるクレンジングを用意するようにしっかりケアしてあげてください。それが、マツエクを長く美しさを保つ秘訣です。

マツエク部分にはオイルフリーのリキッドタイプのクレンジングをコットンに含ませ軽く丁寧にメイクを落とし、マツエク以外の顔の部分のメイク落としには、クリームタイプのクレンジングを使用。その後、泡石鹸で顔全体洗いすすぐようにするなど負担をかけないように洗顔をするとマツエクは約1か月半は持つでしょう。

マツエククレンジングは、リキッドタイプが、人気がありました。水のさらさらとした感じではじめは落ちるのかなと思った人もいますが、メイク落ちが良かったので感動したという口コミがありました。

 - 目の周り