一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

腫れぼったい一重が治らない!二重にしたいならむくみの原因から改善することが大事

   

目を隠す

人の第一印象は目元からと言うほどに女性の方は素敵な二重に憧れる方も多いです。

しかしいつの日か朝起きて鏡を見たらまぶたが腫れぼったくなっていて、とても人には見せられない腫れぼったい目元になっていたと言うことはありませんでしょうか?

目元は人の印象をガラッと変える顔のパーツとなるので、いくら性格が良いとしても顔全体を暗く重たくしてしまい印象が悪くなってしまいます。髪型をオシャレにしたり素敵な洋服を着た時に相手に良い印象を与えられる様にまぶたのむくみをしっかり取って印象をよくしていきたいものです。

今回は腫れぼったいまぶたになってしまう原因と対策についてまとめていますので気になる方は参考にしてみてください。

まぶたが腫れる原因

そもそもまぶたが腫れる原因は、どの様なことが考えられるのでしょうか。

一般的に足を中心に下半身と言うのはむくみやすい部位になるのですが、朝の時間帯は上半身である顔や目元がむくみやすい時間帯となるのです。

これこそがまぶたが腫れる原因となるのですが、むくみの原因となる水分はいつもであれば重力の関係で上から下半身に向かって流れて行くのですが、寝ている間に上半身と下半身は同じ高さとなりますので顔や目元に水分が溜まり、まぶたが腫れる原因を作ってしまうのです。

ではどうして広い上半身の中でもまぶた腫れてしまうのかというと、パーツの中でも特に目の周りと言うのは皮膚が薄い部位となるので一目でむくみが分かりやすくなってしまうのです。

だからと言って座りながら寝る訳にも行きません。いかに生活習慣を改善することでまぶたが腫れる原因を阻止できるかと言うことがテーマとなってくるのです。

腫れぼったいまぶたの解決方法

睡眠中の体内の水分の動きについては意図的に変えることができないのですが、腫れぼったいまぶたを改善する方法はいくつか存在します。

温冷浴

まずむくみの原因となる血行不良を改善させるための温冷浴です。

これは温水と冷水を交互に浴びることによって血管の収縮と拡張を繰り返して血行を促す方法ですが、この原理をまぶたにも応用すれば目元の血行を促進させることも可能となります。

体のむくみと聞いて水分の取りすぎがむくみの原因と考えがちなのですが、実は水分が足りないので慢性的なむくみが生じてしまうことが多いと言うことが分かっています。

これは体内の水分が不足をしてしまうと体外への水分排出が減ってしまい、体内に水分を貯めようとする働きが生じてしまうことでむくみの原因となるのです。

多くの水分を一気に摂取してしまうと一時的にむくんでしまいますので、少しずつ水分を摂取することが大切です。これだけでもむくみの予防となります。

またこまめに水分を摂取することで血液の循環をスムーズをする効果やデトックス効果も高まりますので健康維持のためにもぜひ取り組んでおきたい方法になりますよ。

腫れぼったいまぶたの解決方法としておすすめの飲み物とそうでないものがありますので続けて紹介させていただきます。

まず水分補給で一番おすすめなのが水になります。特に軟水から中硬水のミネラルウォーターが体に対する負担も少ないのでおすすめです。

逆にコーヒーや紅茶に代表されるカフェインが多い飲料に関しましては利尿作用を促進させてしまうので水分不足になることもあるので摂取には注意が必要です。

ジュース類についても糖分やカロリーが高いものは体への負担が大きいので控えた方が良いでしょう。

枕選び

どうしてまぶた腫れと枕選びの関係があるのかと言うと、私たちの一日の生活の中でおおよそ1/4が睡眠にかかる時間となります。

仮に80歳まで生きるとなると総計で20年間眠っていることになります。

枕を使わないで寝ると足と頭の位置が同じになってしまい、万年腫れぼったいまぶたになってしまうかもしれません。だからと言って高すぎる枕も首を痛めてしまうのでご自身の体にフィットする枕を選ぶことが大切です。

最近ではホームセンターに陳列されている枕の他にも硬さや高さをオーダーメイドで注文できるお店もありますので、なかなかまぶたのむくみが取れないと言う方は検討してみるのも良いでしょう。

片目だけ一重で悩む人は多い!両方を二重にするにはむくみを取るのが効果的

腫れぼったい一重を隠すアイテム

生活を改善をすることで腫れぼったいまぶたのお悩みを解決することもできますが、それにはどうしても時間がかかります。時間をかけずに何とかしたいと言うのであれば腫れぼったい一重のマストアイテムを活用すると良いでしょう。

マストアイテム

アイライナーは目元をスッキリと見せてくれるツールになるのですが、しかしちゃんと目を強調したいと言うことで黒のアイライナーばかりを選んでいませんでしょうか?

実は腫れぼったいまぶたの人が黒のアイライナーをすると余計に目元が強調されてしまって更に腫れぼったさが目立ってしまうのです。アイライナーを活用する時には黒ではなくブラウンを使う様にしましょう。

そして一重になってしまった時には太くする様に目のラインに沿いながら書く様にしましょう。目を閉じた時にも他人からアイライナーがくっきりと分かるように引くことがコツです。

遠慮をして細く描いてしまうと全く目立たなくなってしまうので思いっきり描くのがポイントです。

アイシャドウを活用する場合には基本的にはマットなベージュを活用すると良いです。一重になっている場合にはベージュ系でも淡い色を使用するとますます腫れぼったい感じになってしまうのでマットな濃い色を選ぶのがおすすめ。

アイシャドウもアイライナーと同じ要領で太めに入れる様にすると見栄えが良くなります。下まぶたについては、コツとしてラメ入りのアイシャドウを活用するとたるみを綺麗にカバーしてくれます。

生活習慣の見直しが腫れぼったい一重を治すのに必要

毎日外出をする女性はメイクをすることが多いのでアイライナーやアイシャドウの使い方に集中しがちになってしまいますが、根本的に腫れぼったい一重を治すには水分調整を中心とした生活習慣を見直さないといけないことを理解して注意しなければなりません。

メイク技術でごまかすのは本当の意味で腫れぼったい一重が治るまでの過程だと考えておきましょう。

まぶたの皮膚と言うのは触ってみるとよく分かる通り体のどの様部位の皮膚よりも薄いので、その分水分が溜まった時には腫れやすく普段は二重のはずなのに一重になってしまうこともあります。

しかし皮膚が薄いと言うことはその分水分が抜けて正常な状態に戻りやすいと言えますので、生活のリズムを清浄にすれば腫れぼったい一重が治るまでにそんなに時間はかからないはずです。

現在腫れぼったいまぶたでお悩みの方は、水分や塩分の摂りすぎ、血行の悪さを解消してあげるなど1日も早く改善できるようにむくみの原因を取り除いていく習慣を継続していくようにしましょう。

 - 目の周り