一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

二重まぶたを作るために「アイプチ」より「マッサージ」がおすすめな理由

      2016/04/28

ぱっちりとした二重まぶたは、女性なら誰でも憧れるものがあります。どんなにファッションやヘアスタイルを極めてみても、やはり「顔」の印象で全体の印象が決まるといっても過言ではありません。

実際、「かわいい」と言われている人は二重まぶたの人ばかりですよね。

二重まぶたのほうが顔全体がすっきり見えますし、明るさや華やかさも得ることができます。

男性からの「第一印象」も、一重まぶたの人より二重まぶたの人のほうが明らかに良いのが現実です。

さて、「二重まぶた」を望む人が多くなるにつれて、今ではたくさんの「二重まぶた用化粧品」が販売されています。ドラッグストアなどでは、「ふたえ」というコーナーを設けているところもあるほどです。

たくさんある二重まぶた用化粧品の中でも、もっとも古くからあるのが「アイプチ」と呼ばれるアイテムです。手軽で人気の高いアイプチですが、「本物の二重まぶた」になるためには、実はマッサージのほうがおすすめだという話を知っていますか?
ここでは、アイプチよりマッサージがおすすめな理由をお話ししたいと思います。

アイプチは、まぶたに刺激となる可能性が高い

アイプチは、液状のりでまぶた同士を張り付けて二重まぶたを作るアイテムです。比較的安価で使い方も簡単なため、二重まぶた用化粧品としては非常に人気があります。

アイプチの基本的な使い方は、まずまぶたの汚れや油分を取り除きます。汚れや油分があると、のりの接着力が弱くなってしまうからです。のりを塗る前に、付属のプッシャーであらかじめ「作りたい二重のライン」を決めておきましょう。

その二重のラインが真ん中にくるよう、ラインの上下にアイプチを塗っていきます。あまりべっとり塗らないほうが自然な仕上がりになりますよ。目を閉じたまま(薄目を開けた状態)、約2分間待ちます。白い液が乾いて透明になったら、あらかじめ決めておいた二重のラインにプッシャーを当て、ぐっとまぶたを押し込みます。これで、アイプチによる二重まぶたの完成です。

最近のアイプチは、肌に刺激の少ないものが多くなっています。とは言え、皮膚の中でもっとも薄くてデリケートなまぶたに液を塗り、押し込んで張り付けるのです。これが「負担」とならないはずはありませんよね。

何度もアイプチでまぶたを張り付けたことで、まぶたの皮膚が伸びてたるんでしまったり、アイプチの成分が合わなくて赤く炎症を起こしてしまうこともあります。

こうなってしまうと、キレイな二重を作ることはほぼ不可能と言ってもいいでしょう。

マッサージは刺激が少なく、「本物の二重まぶた」になれる

まぶたのマッサージを繰り返すことで、「本物の二重まぶた」になることができます。化粧を落としたすっぴんの状態でも「二重まぶた」であれば、もう怖いものはありませんよね!

本物の二重まぶたを手に入れるためには、美容整形をするのが一般的です。多くの芸能人も、二重まぶたのプチ整形をしているようです。

もちろん良いクリニックで、腕の良い医師に行ってもらえば「整形」も悪いことではないでしょう。長年一重まぶたで悩んでいた人にとっては、整形をすることで多大なストレスから解放されるからです。

しかし、整形にはリスクがあります。失敗すればまぶたは見る影もないほど腫れ上がりますし、もちろんお金もたくさんかかります。

まぶたの脂肪を落とし、二重のラインを定着させるためのマッサージを繰り返せば、二重まぶたになることは可能なのです。アイプチでまぶたに負担をかけるより、マッサージのほうがおすすめなのはこのためです。

まぶたの皮膚はとても薄いので、少しの刺激も負担となります。まぶたがたるんだりするだけでなく、色素沈着を起こしてくすんでしまうこともあります。いくら二重になっても、老けて見えたのでは意味がありませんよね。

マッサージのやり方はとても簡単です。

まずは腫れぼったいまぶたをすっきりさせるため、目頭から目尻へと指を滑らせていきます。目を閉じて、リラックスした状態で行いましょう。

そのあと目を大きく見開いて、上目遣いでまばたきを繰り返します。このときできるラインが、二重になりやすいラインですので覚えておきましょう。

あとは暇さえあれば、指などで二重のラインをなぞり、定着させていけばいいのです。

マッサージをするときは、必ず乳液を使う

何度もお話ししているとおり、まぶたの皮膚はとても薄くてデリケートです。マッサージを行う際の「擦る」という行為も、まぶたへの刺激、そして負担となることがあります。

ですから、マッサージを行うときには必ず乳液を使うようにしてください。たっぷりと乳液をつけたまぶたを、優しくマッサージしていきましょう。

アイプチでまぶたに負担をかけるより、定期的なマッサージで「本物の二重まぶた」を手に入れたほうが良いということがお分かりいただけましたか?
本物の二重まぶたが手に入れば、もうアイプチなどの化粧品を使わなくても良くなりますし、「自分の二重まぶた」と思うだけで、自信にもつながるのではないでしょうか。

 - マッサージ