一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

つけまつげで二重まぶたが作れる?

      2017/05/19

つけまつげ

「二重まぶたになりたい」そう思っている女性は多いです。なぜなのでしょう。答えは簡単です。それはずばり、「可愛く見えるから」です。可愛く見せるために、女性は日々様々な努力をしていますよね。

ぼってりとした一重まぶたより、ぱっちりとした二重まぶたのほうが断然可愛いですよね。それだけでなく、二重まぶたのほうがすっきりしているため、目元が明るく見えます。目元の印象というのは「顔全体の印象」でもありますから、二重のほうが明るく華やかな印象を与えることができるのです。

他にも、「目元」というのは女性にとって欠かせないポイントでもあります。少しでも目を大きく見せるために、日々メイクの仕方を研究しているという人も少なくありません。そんな悩みの解決に一躍買ってくれるのが「つけまつげ」です。実は、つけまつげは「目を大きく見せる」だけでなく、「二重まぶたを作る」こともできるんですよ!
ここでは、そんな「つけまつげ」で二重まぶたを作る方法についてお話ししたいと思います。

つけまつげを付ける前に、まぶたをマッサージする

つけまつげを使ったことのある人なら分かると思いますが、まぶたが腫れぼったい状態ではつけまつげをうまく付けることはできません。この状態でつけまつげを使っても、「明らかにつけましてるよね?」というような、違和感のある仕上がりになってしまいます。

「二重にする」ということに関しても、脂肪やむくみで腫れぼったいまぶたはNGです。まずはつけまつげを付けやすく、そして二重まぶたを作りやすい状態にすることから始めましょう。

まぶたを温める、冷やすを繰り返して血行を良くします。一重まぶたの人は、まぶたに脂肪が多い人が多いです。血行を良くして脂肪を燃焼させることでまぶたがすっきりし、二重も作りやすくなりますよ。

まぶたのマッサージはとても簡単で、目頭から目尻へと優しく指でまぶたをなぞっていくだけでOKです。まぶたの皮膚はとても薄いので、力を入れずに優しくマッサージしてください。まぶたがすっきりすると、それだけで印象もかなり変わりますよ。

つけまつげはまつ毛のキワから1~2mm上に付ける

普通、つけまつげを使うときは「自分のまつ毛のキワ」に付けると思います。もちろんこれが、つけまつげの正しい使い方でもあります。もっとも違和感なく、なおかつ自分のまつ毛と馴染むためです。

しかし、二重まぶたを作るためにつけまつげを使うときには、自分のまつ毛のキワではなく、1~2mmほど「上」につけてみてください。つけまつげの「軸」の部分でまぶたを押し上げることで、二重まぶたになれるというのです。

これは、二重まぶた用化粧品の「アイテープ」と同じような役割を、つけまつげがしていると言えるでしょう。

「目を大きく見せる」ためにつけまつげを使っている人も、その使い方を少し変えるだけで「二重まぶた」が作れるなんてなんだかすごいですよね!

つけまつげは好きなものでOK

今、「つけまつげ」は多くの女性が愛用するメイクアイテムの1つです。数年前まではギャルのアイテムとして知られていたつけまつげも、今では実に多くの女性が使っています。

ギャルメイクだけでなく、ナチュラルメイクに似合うつけまつげもたくさん販売されていますよね。それほど「つけまつげ」は、身近なものになっているのです。

つけまつげを使って二重まぶたを作る方法の良いところは、「まぶたに負担をかけない」ことと「メイクを楽しめる」こと、そして「一石二鳥」であることがあげられます。

アイプチなどの他の二重まぶた用化粧品を使わずにすむため、まぶたに余計な負担をかけずにすみます。もちろんメイクも自由自在に楽しめますし、つけまつげによる「デカ目効果」も得ることができますね。

どの場所につけまつげを付けたら違和感なく自然な二重まぶたに見えるかは、人それぞれ違います。何回かつけまつげを付けてみて、自分に合う場所を見つけてくださいね。

 - 二重のラインを作るために