一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

二重瞼の人が二重の幅を広げるために行う癖付けは長期間かかる

   

少し前まで、「整形やアイプチなどで二重瞼にして目をパッチリさせたい」というのは一重瞼の人たちの願望でした。

しかし近年、ハーフタレントの台頭や海外セレブの情報がマスコミからどんどん流れてくることなどにより、外国人のように彫りの深い顔に憧れる人が増えたため、もともと奥二重や二重瞼でも整形手術やアイプチで二重の幅を広げる人が増えてきました。

特に奥二重や末広型二重の人にとっては目がしらからパッチリとしている丸い目は憧れの存在のようで、そうした目になるために幅を広げて平行型二重にする人も少なくないようです。

一重瞼の人から見れば「なんて贅沢な悩み…」という感じがしなくもありませんが、実はもともと奥二重や二重の方が二重の幅を広げて定着させるのは、一重の人が二重にするよりも難しく、定着するのにも時間がかかると言われています。

しかし、もともと二重だからこそ作りやすいという面もあるので、整形手術を行わずに二重瞼を広げる方法についてメリット、デメリット、コツなどをご紹介したいと思います。

二重瞼の人が二重の幅を広げるにあたり最も注意したいこと

もともとが二重瞼、ということはその二重のラインは生まれついて持っているもの。瞼自体が二重瞼になるメカニズムを最初から持っているので、その二重を覆してラインを消し、新たに幅の広い二重を作ることは一重瞼の人が二重瞼にするよりも難しいと言われています。

アイプチやアイテープなどの外的なものでそのラインを消すには、強力なものを使う必要がありますし、使う際にも色々なコツを覚えないとなかなか成功しないという一面もあります。

最初はうまくいかないことがほとんどですが、根気よく続けていれば二重の幅を広げることは可能ですので、工夫しながら気長に行うことが大切です。

二重瞼の構造を知る

まず、もともと二重瞼の人は、その二重瞼の構造を知るところからはじめましょう。

そもそもなぜ二重瞼ができるかと言うと、瞼の開閉を行う筋肉が途中で枝分かれしているため、その枝分かれした筋肉によって瞼が折り込まれるからです。その折り込まれた部分が二重のラインになるわけです。

ちなみに一重瞼は筋肉が枝分かれしていないので、折り込まれません。

もともと二重瞼の人が新たに幅の広い二重のラインを作るためには、まずこの瞼の筋肉のに変化を付ける処置が必要なのです。

やはり整形手術や特別な薬など、医者の力を借りなければ無理なのではないか?と思ってしまいがちですが、大丈夫です。

ハードタイプのアイプチやアイテープでも使い方次第でくせづけすることは可能で、最終的にはアイプチやアイテープなしでも広げた二重の幅をキープできるようになったという人もたくさんいます。

癖付けアイプチ編

用意するものは、瞼を接着させないタイプのアイプチ。ハードタイプのものが良いです。

位置を間違えると癖付けどころか、もとの二重のラインに糊が入りこみ、より強固なものになってしまい逆効果なので注意してください。

アイプチを用意したら手鏡を顔の高さよりも下になるようにして持ち、伏し目になります。

しっかりと伏し目になり、元の二重のラインが消えているのを確認したら希望の二重のラインまでしっかりとアイプチを塗ります。

アイプチを塗ったら完全に乾くまで絶対に伏し目の状態をキープしてください。少しでも気を抜いてしまうと元の二重のラインが浮いてきてしまい上手くいきません。

ずっと伏し目でいる自信のない方は片目ずつ目を閉じ、まつ毛をぎゅっと押さえて完全に目を瞑った状態でアイプチを塗ると成功しやすいです。

アイプチが完全に乾いたら、ゆっくりと目を開けます。プッシャーを使い、希望の二重のラインをしっかりとつけましょう。

まばたきを数回して、元の二重のラインが浮き出てこないことを確認します。

うっすらとでも元の二重のラインが出てきてしまうと、時間が経つにつれてアイプチが崩れて元に戻ってしまうので、その場合はもう一度最初からやり直しましょう。

癖付けアイテープ

アイテープを使って新たな二重ラインを作り、幅を広げる方法です。

アイプチと同じく、伏し目になり元の二重ラインが消えていることを確認してから、なりたい二重の幅に切ったアイテープを瞼の上に貼りつけます。

市販のアイテープは多種多様で糸状の細いものもあれば瞼全体に貼りつける幅広のタイプのものもあります。

もともと二重の人は元の二重ラインがある場所をしっかりとテープで覆って動かないように固定する必要があるので、幅広タイプのものを使用してください。

アイテープを瞼に貼るときは、空気が入ったりよれたりすることのないよう、ぴったりと瞼に密着する形で貼り付けましょう。

空気泡ができたりよれたりしてしまうと、その部分は元の二重ラインが自由に動けるようになってしまい、そこから元に戻ろうとする力が加わってしまいます。

なかなか新しい二重のラインが定着しない場合

上記の方法で二重の幅を広げたら、その状態をキープして「いつかアイプチやアイテープなしでもこの幅の二重瞼でいられるようになったら」と思う方がほとんどでしょう。

しかし、もともと二重瞼の人は生まれたときから「瞼が折り込まれて二重になるライン」を持っているわけですから、なかなか新しい二重のラインが定着しないという人も多いようです。

これが「一重の人が二重にするより、二重の人がその幅を広げる方が難しい」と言われている所です。

広げた二重のラインをしっかり定着させて幅広二重を維持するには、新しい二重のラインをしつこく身体に覚え込ませ、元の二重よりも強固なものにする必要があります。

方法としては、アイプチやアイテープで二重の幅を広げているときに、目をぐっと見開く体操で瞼をしっかり折り込ませる運動を行うことが効果的です。

その際にただ目をぎょろっと見開いて驚いたような顔をするのではなく、眉毛の位置は変えずに目だけをぐっと見開くような感じでしっかりと開けるのがポイントです。

言葉では表現しづらいですが、眉と目の間を狭くするような感覚で見開くと言えば伝わりやすいでしょうか?二重の線がしっかりと定着するようにできるだけ瞼が深く折り込まれるように目を開きます。

常にこの方法で目を見開いているのが一番良いのですが、さすがに少し表情が怖くなり周りから「怒ってるの?」なんて言われかねない顔になってしまうので、家にいる時やトイレの中など、人目につかない場所で行いましょう。

「朝と夜に10分ずつ」「サングラスをかけて電車の中で」など自分なりに「目を見開く時間」を作って行うのも良いかもしれません。

広げた二重の幅はどれぐらいで定着するのか

幅を広げた二重のラインを定着させるのにかかる時間は人それぞれなので何とも言えません。数ヶ月という人もいれば数年かけてやっと定着したという人もいます。

瞼の厚みや元の二重のラインの強度(線が入っている程度なのか、しっかり折り込まれているのか)によっても変わりますし、前述の目を見開く体操をどれだけ行ったかによっても大きく違います。

ただ言えるのが、平均的に見て「一重⇒二重」よりも「二重⇒二重(幅広)」の方が定着率が低く、また定着するのに時間がかかるということです。

それだけ元の二重のラインが身体の構造として強固に瞼で働いているということでしょう。

少し時間はかかるかもしれませんが、その分定着した二重はとても強固なものになりますので、あきらめずに根気よく続けることが大切です。

一重の人が二重にするよりコツも時間も必要という事実に「もとが二重瞼なのだから、ちょっと幅を広げるぐらい簡単にできるだろう」と思っていた方にとっては少しショッキングな内容だったかもしれません。

しかしその分、癖付けできたときは二重のラインは強固なものになります。また瞼の運動をすることによって目の周りの皮膚のたるみを防ぐことができますので、ただ二重の幅を広げるだけでなく、若々しい顔を維持する効果も期待できます。

元々二重なのであれば、万が一広げた二重のラインが消えてしまっても元の二重が現れるだけなので、二重が一重に戻ってしまう人よりは顔の崩れも少ないはずです。少し言い方は悪いですが、生まれ持った二重を保険にしながら幅を広げることができるのですから一重で悩んでいる人より悩みは深くないはずです。

ただなりたい顔・憧れの人に近付けるようにするのはとても良いことなのでじっくりと対策して二重の幅を広げていきましょうってことです。

生まれ持った二重瞼があるのですから…

 - 二重のラインを作るために