一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

二重の幅が狭いことで悩む人は多い!保湿ケアや癖付けで幅を広げることができるわけ

   

二重の幅が狭い女性

二重の幅が狭くて悩みを抱えている人は少なくありません。そもそも、二重であっても奥二重やその幅が狭い人であれば角度によっては一重にみられることもあります。

ぱっちりとした二重でない分、見た目に大きな差が生まれ印象が悪くなってしまうケースがあります。

二重の幅で何がそんなに違うのかと思われる人もいるでしょうが、あまりにその幅が狭いと目つき自体が悪くなってしまうこともあるわけです。

もちろん、奥二重や一重が悪いというわけではありません。とはいえ、できるだけ見た目の印象を明るくしたいという人であれば、何かしらの工夫で二重の幅を広げていくことも大切になってきます。

その為にはまず、どう対処していけばいいのでしょうか。

まずは二重の幅が狭くなっている原因について考えていきましょう。どんなことが原因になっているのか、それぞれのケースで具体的な対策も変わってきます。

より効果的な対策を打っていくことでいち早く二重の幅が狭いというコンプレックスを解消できます。このページでは、二重の幅が狭くなる原因と対策についてまとめていますのでよろしければ参考にしてみてください。

二重の幅が狭いのはまぶた部分の贅肉がたまりすぎていることが関係している

そもそも、まぶたの上にはある程度の脂肪がありますが、加齢とともに皮膚のたるみなどが強調されていくのが難点です。時間の経過とともに、脂肪や皮膚は重力に従って下へ下へと落ちていきます。

これがまぶたの皮膚がたるむ原因にもなり、結果的に二重全体を覆い、二重の幅も狭くなっていくわけです。また、他にもまぶた部分の水分不足がその症状を助長している可能性があります。

先に挙げたように、二重の幅が狭くなってしまうのは上まぶたの皮膚がたるんでいるからです。

このたるみは本来、保湿ケアを徹底していれば肌に充分な水分がいきわたるため起こることは少ないです。ですが、肌が乾燥し、皮膚の機能自体が低下してしまっては、おのずと皮膚のたるみは助長されていくわけです。

普段のスキンケア、その怠りが二重の幅を狭くしている要因となっている可能性も挙げられるわけです。もちろん、根本的な問題として、もともとの目鼻立ちや骨格が関係してくる場合もあります。

まぶた部分のケア、保湿ケアを重点的に行うことで解決できるケースもあるのでこの点だけはしっかりと押さえておくといいでしょう。

まぶたのたるみ、そして二重の幅が狭くなる原因はその大半が加齢によるもの、紫外線など外的な刺激によるものです。加齢の場合先に挙げたように肌の水分量は徐々に減っていき、本来機能するべき保水機能、外的刺激から肌を守るガード機能が損なわれていきます。これがまた悪循環を招き状態を悪化させていきます。

普段何気なく生活していると知らず知らずのうちに紫外線などの外的刺激を肌に与えます。特にまぶたは他の部位に比べて皮膚が薄く弱いため、紫外線などの外的刺激の影響をもろに受けてしまいます。肌が弱い人はもちろんですが、老化によって二重の幅が狭くならないように、日ごろの紫外線ケアには注意が必要になってきます。

要因が重なることによって、二重の幅が狭くなる状態は引き起こされます。こうした状態はあまり勧められるものではありませんし、すでに症状があらわれだしている場合には早急に改善策を打っていく必要があります。

それこそ、まぶたを中心とするスキンケアを徹底していくこと、とりわけ保湿に重点を置いて化粧品などのアイテムを活用していくことが大切になっていきます。たったこれだけの工夫でも症状の緩和はできます。予防策にスキンケアはうってつけです。

最も手軽な二重の幅を広げていく方法はより徹底した保湿ケア

まずは毎日の入浴の後に顔の他と部位と一緒にスキンケアを徹底していきます。この時、保水効果の高い化粧品を使うようにすると効果も期待できます。

プラスαで保湿成分をピンポイントで取り入れることが出来る美容クリームを用いるのもおすすめです。まぶたはもちろんですが、目尻や口元などしわの対策としても打ってつけのこのクリーム、続けて使うことによって着実に肌の状態は改善されていきます。

肌が本来持っているターンオーバー機能を活性化させることができれば、自然と皮膚の状態は改善され、古い皮膚細胞は落とされていきます。これが肌全体を透明感のある状態にしてくれますし、まぶたの状態もより良い状態に持っていくことができるわけです。

まぶたの皮膚のたるみが改善される、これによって二重の幅は広がっていくことのです。今までたるんで下へ下へと下がっていた皮膚がピンと持ち上がった状態になるわけです。

見た目にもその変化は感じ取ることができますし、人によっては化粧のノリなどが良くなったと実感できることもあるでしょう。

ある程度二重の幅を広げることができれば、あとはメイクでプラスαの工夫を施していきましょう。メイクで二重の幅を広くするには、アイプチを使って直接まぶたに癖をつけていくのがおすすめです。毎日アイプチを使っていればその癖付けによって何もしない状態でも二重の幅を広くできます。また、アイライナーを太めに引くなどして、メイクの仕方も変えるようにすればさらに目を大きく見せることができます。

骨格や目鼻立ちはそう簡単に変えられるものではありません。たとえ徹底した保湿ケアで状態が緩和されたとしても、もともとの二重の状態が狭ければ十分に魅力をアップさせることはできないわけです。

そんな時、整形手術など物理的な方法で対策を打っていくこともできますが、やはりこの方法は費用が掛かりますし体への負担が大きすぎます。より安全に、そして費用をかけずに二重の幅を広くしていくにはメイクで工夫をしていくのがベストとなってきます。

二重の幅を広げるためにおすすめの商品はナイトアイボーテ

ナイトアイボーテとはいわゆる夜間、寝ている間に使うタイプのアイプチです。夜寝ている間にまぶたに癖をつけることで、日中の間、より自然に二重の幅を持たせることができます。

このナイトアイボーテは美容成分が豊富に含まれているため、まぶた部分の乾燥、むくみ、たるみを解消する効果も期待できます。

本来、アイプチは朝起きて、メイクをするときに行うものです。

人によっては日中のメイク直しの際にアイプチをし直すという人もいるほど、この面倒な手間がネックとなっていました。多少のメイク直しはできても、仕事によってはそれが難しいというケースも出てきます。それこそ、一度家を出てからメイクを直す余裕がないという人にはアイプチ自体があまりお勧めできない事もあるわけです。

その点ナイトアイボーテは少なくともメイク直しが出来なくて苦労する心配はありません。

この商品を使うのは夜間ですから、メイクをしていない状態、誰にも咎められることがない状態で誰にも邪魔されずに使用できます。しかも、日中は何もしなくても夜癖付けした二重の幅がキープされているわけですから、これは使うに越したことはありません。

夜間寝ている間にまぶたのむくみ、たるみのケアをできるという点も非常に魅力的です。それこそ、毎日のスキンケアにプラスして美容成分を患部に浸透させることが出来るため、相乗効果を期待できます。

ナイトアイボーテの効果については人それぞれ異なってくることになりますが、まず手軽な方法でケアを始めていきたいという人は参考にしてみるといいでしょう。

ナイトアイボーテを使っている人の中には、使用を続けることで徐々に二重の幅が広くなり、それが定着したという人もいます。もちろん、すべてのケースがそうというわけではありませんが、使い方次第では顔の印象を大きく変えることも可能になってくるわけです。

寝ている間に二重のクセをつけて翌朝は自然な二重に!「ナイトアイボーテ」

二重の幅が狭い人は癖付けを続けていくことが効果的

アイプチはその場しのぎの対応策と思っている人もいるでしょうが、実は長く続けることによって着実にまぶた部分を癖付けていくことができます。詳しくは一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法のページで紹介していますのでこちらをご覧ください。

癖付けにプラスしてまぶたの保湿を徹底していくことで相乗効果を期待できます。まぶたの保湿はただ二重の幅を広げていくためだけでなく、しわやシミを防止するためにも役立ちます。決してそれだけのためというわけではなく、まぶた、目の周り全体の肌状態を良くしていくことも大切になってくるわけです。

二重の幅が狭くてコンプレックスを感じているという人はまず、アイプチを使って物理的に見た目を改善していくこと、そしてプラスαの工夫としてまぶたの保湿ケアを徹底していくことを大切にしていきましょう。

どちらの方法も継続的に長く続けることで効果を高めていくことができるので諦めずに挑戦していきましょう。

 - 二重のラインを作るために