一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

自然な二重になるためのおすすめアイテム

      2016/06/27

「芸能人のような二重まぶた」になりたい、と思ったことはありませんか?みなさんきっと、好きな芸能人やメイク・ファッションの参考にしている芸能人がいますよね。

たとえば好きな芸能人のメイクを真似してみても、なんだかいまいち…なことってありますよね。もちろん顔が違うのですから、まったく同じになるはずはありません。とは言え、「もしも二重まぶただったら」と思うことはあると思います。二重まぶたならアイシャドウの色も映えますし、アイラインもくっきり引くことができます。

今、「二重まぶた」を作るためのアイテムはたくさんあります。ドラッグストアには「二重まぶた」のコーナーが設けられているほどです。星の数ほども存在するので、どれを選べばいいのか分からなくなってしまうかもしれませんね。

二重まぶた用化粧品は、やはり使用後の仕上がりが「自然なこと」が第一だと思います。たとえ二重まぶたになっていても、明らかに「作った二重まぶた」ではなんだか残念ですよね。ここでは、「自然な二重まぶたになるためのアイテム」をご紹介します。

二重まぶたを作るアイテムにはこんなものがある

そもそも、二重まぶたを作るためのアイテムにはどのようなものがあるのでしょうか。

大まかに説明しますと、二重まぶた化粧品には「液体のり」「アイテープ」「ファイバー」の3種類があります。それぞれ特徴があり、メリットもデメリットもあります。

どれが良くてどれが悪いということはありませんが、液体のりは初心者でも使いやすいですよ。一方ファイバーは目力アップ効果は非常に高いですが、使い方が難しいので上級者向けアイテムとなっています。

自分のまぶたが「一重まぶた」なのか「奥二重まぶた」なのか、一重まぶたでも「まぶたが厚い」のか「薄い」のかによって、どのアイテムが良いのかは変わってきます。売り場へ行くと、パッケージに「まぶたが厚い人向け」などと書かれているものもあるので、ひとつの参考にしてみると良いですね。

その中でも「自然な仕上がり」、目立たないものというのは実は少ないと言われています。まばたきをしたり、目を閉じたときに「二重まぶた化粧品を使っている」と分からないようなものがいいですよね。そんなアイテムあるのでしょうか?

自然な二重を作るための、「目立たないアイテム」

口コミなどの評判も良く、目立たない自然な二重まぶたを作れるとおすすめのアイテムをご紹介しましょう。

まずはお馴染みの「ローヤルアイム」です。二重まぶた化粧品に関心のある人なら、聞いたことがあるかもしれませんね。それほど「ローヤルアイム」は有名なアイテムだと言えるでしょう。

ローヤルアイムがなぜ「自然な二重まぶた」を作れるのかというと、それは「皮膚を接着しない」からです。従来の液体のりタイプの二重まぶた化粧品(アイプチ)は、まぶた同士を接着して二重のラインを作ります。これは二重のラインだけでなくまぶたの広範囲に液体のりを塗るため、まぶたがひきつるなどのトラブルも多いです。まぶたを接着しているので、やはり目を閉じると分かってしまいます。

一方ローヤルアイムは、塗った部分が折り込まれて二重まぶたを作ります。接着するわけではないので違和感もなく、目を閉じても自然な仕上がりですよ。

「ミセルDライン」は、まぶたの皮下細胞から和らげて好みの二重まぶたを形成することができます。平均14日の使用で「好みの二重まぶた」を手に入れることができるのです。

「ミセルDラインジェルセット」は、公式サイトなら4980円とかなりお得に購入することができますよ。バレない二重まぶたになりたい!という人は、ぜひチェックしてみてください。

二重まぶたになるためには、日々のマッサージも欠かさずに

上記で紹介したアイテムは、自然な二重まぶたを作りたいという人には最適のアイテムだと言えるでしょう。しかし、「毎日のまぶたのマッサージ」も欠かせません。

まぶたの脂肪やむくみをなくして「まぶたをすっきりさせる」ことで、二重のラインが付きやすくなります。中にはすぐに二重のラインが付く人もいますが、たいていの場合はすぐに二重まぶたにはなれません。根気よく続けていくことが大切です。

1度や2度の使用で二重まぶたが定着しなかったからと言って、諦めないでください。かわいい子は、みんな努力をしているものです。

「自然な二重まぶたになるアイテム」を使いつつ日々のマッサージも欠かさず行い、二重まぶたになれるよう頑張ってくださいね。アイテムもいいのですが、マッサージや目の癖付けなど色々出来ることはあります。自力で目を大きくする方法は様々!目を大きく見せて印象を良くしようで詳しく紹介していますのでこちらのページもよろしければご確認ください。

 - 二重を作るアイテム