一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

二重の癖付けに最適なアイテムとは?

   

「二重まぶた」は、多くの女性の憧れでもあります。可愛いと思う人のほとんどはぱっちりくっきりとした「二重まぶた」ですし、一重まぶたよりも二重まぶたのほうが明るく華やかなイメージが得られます。

そのことから、「二重まぶた」になるためにいろいろな努力をしている人も多いのではないでしょうか。一昔前まで、「本物の二重まぶた」になるためには「整形」するしか方法はないと言われていました。もちろん今も、整形をすれば高確率で「本物の二重まぶた」になることはできます。

しかし整形はリスクも高いので、あまりおすすめはできません。

二重まぶたは、毎日根気よく「癖付け」を行うことで自分のものにすることができる、ということを知っていますか?もちろんこれには個人差があるので、「確実」な方法というわけではありません。とはいえ、毎日続けていけばかなりの確率で「二重のライン」が癖付けされるでしょう。

ここでは、「二重の癖付け」に最適なおすすめアイテムをご紹介します。

コスパの良いアイテムは「アイテープ」

実は、「二重の癖付け」用のアイテムというのはたくさんあります。ドラッグストアにも並んでいますし、インターネット通販にもたくさんあります。そんな中でもコスパ、コストパフォーマンスが良いのはなんといっても「アイテープ」でしょう。アイテープとは、まぶたにシールのようなものを貼り付けて二重をキープするアイテムのことです。

片面だけ粘着性のあるテープと、両面テープの2種類があります。「二重の癖付け」に最適なのは、片面のアイテープになります。まぶたに貼り付けることでアイテープが軸となり、テープの上にまぶたが乗っかって二重まぶたが作れます。とても簡単なのですが、素材上メイクをはじいてしまうものが多いため、「メイクをする」という前提では不向きと言えるでしょう。

しかし、「癖付け」としては最適です。

アイテープによる二重まぶたは、とても「くっきり」しています。家にいるときや寝るときなどに使っている人は多いのではないでしょうか。アイテープは100円ショップにもありますし、化粧品コーナーにも1ヶ月分300円くらいのものもあります。太めのものは自分でカットして使えるのもアイテープならではの魅力です。

安くてたくさん入っているものなら、惜しみ無く自分好みの二重の場所を見つけることができますね。

寝るとき専用の「二重まぶた用化粧品」

寝るときは目を閉じているので、当然ながら二重の癖は付きません。昼間はなんとか二重まぶたをキープしているとしても、さすがに夜間はそうもいかないのです。

本物の二重まぶたになるためには、やはり「24時間二重の癖付け」をしたいものですよね。

そこでおすすめなのが、「寝るとき専用の二重まぶた用化粧品」です。こちらもたくさんあるのですが、おすすめはまぶたの調子を整えることもできる「美容液成分配合」のアイテムです。値段は少々高めですが、昼間メイクで負担をかけたまぶたを労ることができますよ!

「ナイトアイボーテ」という二重美容液は、寝ている間に癖付けすることができるアイテムです。保湿成分や美容成分も配合されているので、若々しいまぶたになりたい!という人にもおすすめです。しかもこちらの「ナイトアイボーテ」には、むくみを抑える引き締め効果も期待できます。二重の癖付けに、「むくみを取る」ことはもっとも大切なことでもあります。

まぶたへの負担を軽減するアイテムというだけあって、値段は1つ4725円となっています。

二重の癖を定着させるエクササイズも効果的

上記で紹介したようなアイテムを使うことで、二重の癖は確実に付きやすくなります。それに加えて「二重の癖を定着させるエクササイズ」も同時に行うとより高い効果が得られます。

このエクササイズは、上目遣いでまばたきをするだけという簡単さなので、誰でも行うことができますよ。すっぴんの状態で上目遣いをし、パチパチとまばたきを繰り返しましょう。このエクササイズを毎日繰り返し、なおかつ「癖付けに最適なアイテム」を使うことで、確実に二重の癖は付きやすくなると思います。

 - 二重を作るアイテム