一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

コスパの良い「二重まぶたを作るアイテム」とは

   

雑誌を見て、「こんなふうになりたい!」と強く思うことがあると思います。人気のモデルさんの着ている服がたちまち完売するように、モデルさんが私たちに与える影響は底知れないものがあります。

では、私たちに影響を与えるのは「ファッション」だけなのでしょうか。答えはノーです。

ファッションだけでなく、「メイク」もモデルを真似ている人も多いですよね。特に若い女性にこのような人は多いように感じます。

さて、モデルのメイクを真似するときに気になる点、それはモデルがみな「二重まぶた」であるということです。ぱっちりとした二重まぶただからこそ、可愛く魅力的に見えるのです。

実際そのように考えている女性は多く、「二重まぶたになりたい」と思っている人も多いものです。

メイクによって二重まぶたを作るとなると、そのアイテムは日常的に使うもの、ということになります。毎日使うとなると、やはり「コスパの良いもの」であることが重要になりますよね。

二重まぶたを作るアイテムは山のようにあります。ここでは、その中でも「コスパの良いもの」に着目してみたいと思います。

アイテープやファイバーより断然お得な「絆創膏」

二重まぶたを作るアイテムには、「アイテープ」や「ファイバー」などいろいろあります。特にファイバーは、目立たない、くっきりした二重になる、メイクが自由にできるなどの点からとても人気なアイテムの1つです。

しかし目立たないような仕上がりにするには、かなり練習しなければならないでしょう。ファイバーは使いこなすのが難しいため、上級者向けのアイテムでもあるのです。そしてファイバーは1本あたりの値段も高めです。失敗することも考慮するとなると、お世辞にも「コスパが良い」とは言えません。

ファイバーというとピンとこない人も、「メザイク」と聞けばイメージできますよね。

このファイバーのようなくっきりとした仕上がりが期待できるもの、それは「絆創膏」です。けがをしたときに使うあの絆創膏で、簡単に二重まぶたが作れるんですよ!
絆創膏を横長、1mm幅くらいにカットしていきます。長さは自分の目の幅に合わせて揃えておきましょう。絆創膏のガーゼの部分は使えないのですが、だいたい1枚の絆創膏から6枚~8枚くらいは作れると思います。

絆創膏は100円ショップのものなど、安いもので全然問題ありません。

この絆創膏を二重のラインのすぐ下に貼り付けて整えるだけで、簡単に二重まぶたが作れます。たとえ失敗しても絆創膏なら安いので、気のすむまで練習することもできますね。

100円ショップのアイテープをカットして使う

100円ショップのアイテープなんて使えない!そう思っていませんか?実は100円ショップのアイテープにも、質の良いものはたくさんあります。一見目立ってしまうアイテープですが、細めに切って使えば目立たなくなりますよ。

両面接着タイプのアイテープなら、まぶたをしっかり貼り付けて二重をキープすることができます。その上からメイクをすれば、目立たずかなり自然な仕上がりになります。1ヶ月あたり100円ですみますから、絆創膏に次いでコスパが良いアイテムだと言えるでしょう。

100円ショップのアイテープは、夜間の癖付けにもおすすめですよ。

地道にエクササイズを続ける

これは即効性はありませんが、続けることでアイテムを使わなくても「常に二重まぶた」をキープできるようになります。

まぶたの脂肪を燃焼し、二重の癖がつきやすい状態にします。その状態でひたすら二重のラインを定着させていくのです。ヘアピンの上の丸いところなどで軽くまぶたを押さえ、目を開けると二重になりますよね。これを繰り返すことで、本物の二重まぶたになれますよ!

いつでも常に可愛くいたいというのが女性というもの。ここで紹介したコスパの良いアイテムを上手に使って、二重まぶたをキープしていきましょう。

 - 二重を作るアイテム