一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

「バレない二重まぶた」を作るには

   

「二重まぶたを作る化粧品」はたくさんありますが、その中でも「バレない」ものは実は少ないと言われています。

二重まぶた用化粧品のパッケージの、ビフォーアフターを見たことがありますか?実際に使ったモデルの激変ぶりを謳っているのですが、その多くは「その二重まぶた用化粧品」を使って二重まぶたを作り、アイラインやつけまつげなどで「ばっちりメイク」を施したあとの写真です。

二重まぶた用化粧品で二重まぶたを作った「だけ」の写真を載せている商品は、ほとんどありません。

それらの商品を否定するわけではありませんが、それほど「バレない二重まぶた」を作るのは難しいということです。メイクをすればある程度バレないような仕上がりにすることは可能ですが、「二重まぶた用化粧品」だけでバレない二重は作れるのでしょうか。

また、二重まぶた用化粧品がバレないようなメイクの仕方とはどんなものなのでしょうか。

使用がバレないのはどんなアイテムか

「使っている」ことがバレないのは、どのような二重まぶた用化粧品なのでしょう。

おすすめは「ローヤルアイム」という、まぶたを装着させない化粧品です。

一般的な「アイプチ」と呼ばれる二重まぶた用化粧品は、強力な液体のりになっていて、まぶた同士を張り付けることで二重まぶたを作ります。使い方は非常に簡単ですが、目を閉じるとどうしてもバレてしまいます。

しかし「ローヤルアイム」は、まぶたを張り付けることはしません。塗ったところが折り込まれて二重まぶたができるので、アイプチのように広範囲に液を塗る必要はありません。すぐ乾くのでヨレることもなく、目を閉じても自然な仕上がりになります。

数ある二重まぶた用化粧品の中で、「使っているのがもっともバレにくい」アイテムは「ローヤルアイム」だと思います。値段は少々高め(6000円以上)ですが、その価値が十分にある商品と言えるでしょう。

二重まぶた用化粧品がバレないメイクのやり方

二重まぶた用化粧品のパッケージに載っているアフター写真は、ほとんどが「ギャルメイク」や「がっつりメイク」です。つけまつげを使って目元を思いきりメイクすることで、二重まぶた用化粧品の使用がバレにくくなるのです。

とはいえ、年齢や性格的にギャルメイクはちょっと…という人もいるでしょう。特に最近は、がっつりメイクよりも「ナチュラル」「すっぴん風メイク」が流行しています。

二重まぶたを作ったら、あえて「アイシャドウは使わない」というのも1つの方法です。

アイプチでもファイバーでも、やはり「二重のライン」のところがバレやすいです。ナチュラルなメイク、すっぴん風に仕上げたいというのなら、あえてアイシャドウは使わずにブラウンのアイラインを引き、ほどよくマスカラを塗って仕上げましょう。

このときのメイクのポイントは、目元ではなくチークやリップでまとめるということです。

頬の高い位置にチークを入れたり、普段とは違う色のリップを塗って印象を変えてみると良いと思います。

たとえば彼氏とキスをするような、そこまでの至近距離ではバレてしまうかもしれませんが、それ以外の場面ではバレることはないでしょう。

寝ている間に二重まぶたを作っておくことも効果的

「ふたえでナイト」や「アイエッポナイト」などの寝ている間に二重まぶたの癖を付けられるアイテムを使って、夜の間に二重を作っておくことも効果的です。

しっかりと癖がついていれば、あえて昼間に二重まぶた用化粧品を使わなくてもすみます。そうすればもちろん普段通りのメイクをすることができますよね。

二重まぶた用化粧品にはいろいろなものがあるので、自分に合うものを見つけられるといいですね。「バレない二重まぶた」を作ってメイクを楽しみ、自分の自信にもつなげていきましょう。

 - 二重を作るアイテム