一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

絆創膏で二重を作る方法が流行っている?安く済ませたい方にはおすすめ

   

二重を作る方法としてはアイプチが有名ですが、他にもアイテープを利用するなどの方法もあります。

そういった方法はアイプチやアイテープなどの二重を作るグッズを購入しなければいけませんよね。しかし、恐らくどこの家庭にもあるであろう物で二重はできます。そのアイテムが絆創膏です。

絆創膏で二重の作り方

絆創膏で二重を作るやり方は、アイテープをまぶたに貼る要領に似ています。絆創膏を細くし、それをまぶたに貼るだけです。それだけで二重を定着し、ナチュラル二重になるのが理想的です。では実際にどのように絆創膏で二重を作っていくのか、手順を書きます。

1.絆創膏を1mm幅に切る。両目を二重にする場合は、2本の1mm幅の絆創膏を作る。

普通のハサミだと切れにくいため、眉カットハサミなどのミニハサミを利用すると切れやすいです。

また、まぶたに貼るのが難しいようならば、絆創膏の端のカーブしている部分を利用すると貼りやすいです。

2.ヘアピンやアイプチ用のプッシャーでまぶたを押し、二重の場所を決める。

この時に、二重になりやすいのは簡単に二重のラインが出来る所です。何度か絆創膏を貼っていくとまぶたに癖が出来るため、自分のラインが分かりやすくなります。

3.絆創膏を二重のラインに貼っていく。貼りながら、ラインに絆創膏を食い込ませるように押し込んでいく。

素手で貼るトヨレやすくなってしまうため、ピンセットなどを利用すると貼りやすくなります。

ポイントは、絆創膏を伸ばしながら貼る事です。そうするとまぶたが食い込みやすくなります。絆創膏の片方の端をピンセットでつまみ、もう片方の端を指で伸ばします。

4.二重のラインにある絆創膏を隠すため、アイシャドーをいれる。

以上が手順です。寝る前やメイク前の二重の調整に絆創膏を貼るのならば、4のアイシャドーはいりません。難しそうに見えるかもしれませんが、慣れるとラインに癖が付いて時短出来ます。

動画もありますので詳しくはこちらの動画を参考にした方が分かりやすいと思います。

効果を上げるためのコツ

絆創膏で二重を作るのが上手にできない!と、最初は誰しも二重作りに戸惑いますよね。また、回数を重ねても納得できる二重ができない!と悩むのならば、コツを知っておくと、今までよりも簡単に絆創膏で二重が作れるでしょう。

1.まぶたの皮脂や汚れをコットンで拭き取ってから行う

絆創膏は粘着性があります。もし皮膚に水気や皮脂、汚れがあると粘着性は落ちてしまい、癖が付きにくくなってしまいます。また、出先で粘着性がなくなって絆創膏がずるりと出てきてしまった!とならないためにも、下準備としてまぶたをコットンで拭きましょう。

2.目頭は太め、目尻は細めに絆創膏をカットすると、丸々としたドールアイになりやすい

これは絆創膏で二重を作っている経験者が教えてくれたコツです。なかなか思うようなきれいな二重ができない..丸々とした愛され顔になりたい!と思ったら、目頭部分の絆創膏を気持ち太めにしましょう。

例えば、目頭だけ絆創膏を1.5mmにして、その他の部分は1mm幅にするなどです。どのぐらいの幅を取れば理想的な目になるのか、二重を作りながら自分オリジナルの絆創膏を作ってみてはどうでしょうか?

3.絆創膏を付けたまま寝る

アイプチでもなんでも、まぶたに付けたまま寝ると朝起きた時に二重の癖が付いている場合が多いです。二重になるために必要なのは癖付ける事なので、日中でも寝ている時でも絆創膏を貼っておくと、ナチュラル二重になりやすくなります。

また、日中は絆創膏が不自然に見えてしまうのならば、寝る時だけ絆創膏をして癖付けていくのも良いでしょう。

二重まぶたにお勧めの絆創膏は?

きれいな二重を作り、それを長持ちさせたいのならば絆創膏選びも重要です。まずは家にあるものでやってみて、きれいに二重ができない、絆創膏が目立ってしまう...と悩むのならば、絆創膏を変えてみましょう。

1.絆創膏は空気穴が開いていないものを利用する

絆創膏は種類によっては、空気穴がブツブツ空いているものがあります。それを利用すると、ハサミで絆創膏を切った時に穴が邪魔して上手く切れない場合があります。

また、穴が空いてるとその分だけ粘着力は低くなるため、できれば空気穴が空いていないものを選びましょう。

2.防水の絆創膏にする

絆創膏は安いものだと粘着力が低く、水にさらすとすぐに取れてしまう事があります。まぶたに付けていると、涙、汗、雨などが肌に当たる場合もあります。特に夏は何もしなくても額から汗が滲み出てきますよね。

そういった水気から絆創膏がヨレてしまう場合もあるため、防水の絆創膏を利用するとヨレにくくて安心できます。

3.透明な絆創膏にする

絆創膏は肌色の商品が多いのですが、なかには透明の絆創膏もあります。透明だとまぶたに付けた時に目立ちにくいため、日中に絆創膏を付けて二重にしたい人はきれいな二重に見えやすくなります。

透明の絆創膏は百均でも売っていますし、透明で防水の商品もあります。目立ちにくく、剥がれにくい絆創膏を使えば日中でもより安心して過ごせますよね。

絆創膏で二重を作った口コミは?

では最後に、絆創膏で二重を作った人の声をまとめていきましょう。

「もう何年も絆創膏で二重を作っています。二重を作るグッズよりも優秀です。」
「防水の絆創膏を利用しています。洗顔しても剥がれないので凄いです。」
「絆創膏とアイプチのW使いで、よりぱっちり二重になります。」
「元々の二重だけど、変な二重なので絆創膏を利用して二重を修正しています。」
「最初は二重だけど、時間が経つと奥二重になっています。」

などの声がツイッターなどで見つかりました。絆創膏で二重を作っている人は多いですよね。しかも、二重を作るグッズに負けないぐらい効果があるのが分かります。

しかし、なかには時間が経つと二重が変化してしまうとの声もあるため、トイレなどの鏡がある場所では絆創膏をチェックするのが良いでしょう。

絆創膏で二重を作るのは芸能人がやっているとの情報もあって人気が高い二重の作り方です。アイメイクの1つとして絆創膏で二重を作るのも良しですし、ナチュラル二重になるために絆創膏を利用すのも良いでしょう。安上りに出来るため、簡単に取り入れやすくてコスパ良しです。

絆創膏は100均で購入可能

絆創膏で二重にする方法が人気なのは100均で購入したモノで十分だからです。しかも、端からカットしていけば一枚の絆創膏で何回か使うことができます。つまり、コスパの面から見ても最適な素材で毎日使うものだからこれは非常に助かります。

安いことや枚数もかなりあり、気軽に取り入れやすいので興味があるならまずは100均で購入した絆創膏をカットして使ってみましょう。

絆創膏で二重にすると困ることがある

まぶたはとてもデリケートな部分で体の中でもかなり薄い部分になります。デリケートだからこそ気をつけないことも幾つかあり、デメリットも存在するので気をつけましょう。

例えば、防水用の絆創膏の場合はアイシャドーではじいて取れてしまうからです。さらに肌が弱い人なら医療用の絆創膏の方がいいかもしれません。

案外、知られていない絆創膏のデメリット

100均の絆創膏を使えばコスパがよくて便利と思っていませんか。
確かに物凄く安上がりなモノです。

だけど、デメリットも幾つか存在しています。

まずは長時間キープが難しいです。

次に切るのに時間がかかってしまいます。ハサミで作るのは時間がかかって忙しい人向けではありません。それに自分でカットするので長さがまちまちになってしまう場合があり、左右のバランスが悪くなります。

使用する際、延ばすので左右そろえるというのが難しいです。

ほか粘着部分を長くつけていると肌がかぶれてしまう可能性がありますので肌の弱い人には気を付けた方がいいでしょう。粘着力も強いので皮膚が引っ張られ、そのため傷つくこともあります。

最後にはがす際に引っ張るのでまぶたが引っ張られ、瞼下垂症という目の病気になってしまう可能性もあります。

つまり、絆創膏で二重にする方法は安上がりだけど、その反面デメリットもしっかり存在するということです。

瞼下垂症とはどんな病気

瞼下垂はまぶたが開きにくく、瞳が十分に開かなくなってきます。先天性のモノもありますが、コンタクトを長時間使っている人にもよく起こります。

場合によってはモノが二重に見えることもありもしやと思ったら迷わず、眼科に行くことです。

絆創膏が悪いわけではない

瞼下垂症になったからといって何も絆創膏が悪いわけではありません。
要は使いすぎに気をつけろということです。

絆創膏の本来の役目は傷を保護することです。別のことに使えば何らかのトラブルが起こってもおかしくないです。

絆創膏はまぶたを二重にするために作られたモノではありませんのでそれなりにまぶたへのリスクが存在します。肌の弱い人ならかぶれてしまうこともあるというわけです。

最後に!なんで絆創膏で一重を二重にしたいのか今一度考えてみて

絆創膏で二重にするのはいいことばかりではないということです。

結局、何のために二重にするのでしょう。
確かに、絆創膏で二重にするのは簡単です。しかし、やりすぎるとまぶたのためには良くありません。

オシャレのために二重にするならリスクも考慮して自己責任で利用しなければいけないので気を付けてください。多少

 - 二重を作るアイテム