一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためのおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

二重を作るアイテム「ファイバー」について

   

若い女性向けのファッション誌のメイクコーナーで、劇的な変化をとげている女性の姿を見たことがあるでしょう。

失礼な言い方ではありますが、決して美人とは言えないような「一重まぶた」の女性が、メイクによってぱっちりとした「二重まぶた」になり、ものすごい美人になっていることもあります。とても同一人物とは思えないほど、美しく変わっている人も多いですよね。

このような「メイクによる劇的な変化」は、数年前まではギャル限定のものというイメージがありました。しかし今では、メイクで二重を作って変身することはギャルに限ってのことではありません。ここでは、顔の印象をガラリと変えるためのアイテム、「ファイバー」についてお話ししたいと思います。

二重まぶた用化粧品「ファイバー」とは?

二重まぶた用化粧品というと、やはり「アイプチ」などが有名です。そんな中、くっきりぱっちりとした二重まぶたになるためのアイテムとして、今人気が高いのが「ファイバー」です。

ファイバーとは、粘着性のある細い糸のようなもので、まぶたに食い込ませて使います。

二重まぶたにするためのプチ整形の1つ「埋没法」と同じような原理を利用しているので、しっかりとした二重のラインが作れるのです。

ファイバーで二重まぶたを作ると、まつ毛がグッと上がるため、まつ毛が長く見えます。それだけでも目が一回り大きく見えますよ。

ファイバーの基本的な使い方は、ファイバーの両端を手で持ち、グーっと引っ張ります。伸ばしたファイバーがたるまないよう気を付けながら、作りたい二重のラインに沿ってファイバーを食い込ませていきます。引っ張りながら食い込ませていくとうまくいきますよ。

最後に目頭と目尻の余ったファイバーをハサミでカットして完了です。

「ファイバー」のメリットとデメリット

では、「ファイバー」のメリットとデメリットをまとめてみましょう。

まずメリットです。メリットは、先ほども少しお話ししたように「しっかりとした二重まぶたが作れる」ことと、二重まぶたを作ってから「メイクができる」ということだと思います。

二重まぶた用化粧品を使うと、どうしてもメイクがしにくいです。メイクをすることで、「二重まぶた用化粧品を使ってるな」ということが他人にバレバレになってしまうのです。なんとなく気恥ずかしいですよね。

しかしファイバーはまぶたに食い込ませて二重を作るため、しっかりとメイクをすることが可能なのです。

次にデメリットです。これは、やはり「使うのが難しい」ことでしょう。ファイバーを使って二重まぶたを作るのは予想以上に難しく、失敗することが多いでしょう。慣れてしまえば簡単という人もいますが、その「慣れる」までがとても大変なアイテムとも言えます。

しっかり使えれば「完璧な二重まぶた」を手に入れることができますが、ファイバーを使いこなせるようになるにはある程度の時間とお金を使わなければならないでしょう。

ファイバーで二重まぶたを作る裏技!

使いこなすのが難しい「ファイバー」ですが、ファイバーが剥がれてこないようにするにはいくつかのポイントがあるのです。

1つめは「しっかり食い込ませる」こと、2つめは「ファイバーを短めに切る」こと、そして3つめは「アイプチを使う」ことです。

二重のラインを作りたいところにあらかじめアイプチを薄く塗っておくことで、ファイバーが剥がれにくくなりますよ!いつのまにかファイバーが取れてしまった…という人は、アイプチと併用する方法を試してみてください。二重まぶたを作ってメイクを楽しみたい!という人は、何回も練習して「自分の二重」を手に入れましょう。

ファイバーを剥がすときは、爪などでまぶたを傷付けないように気を付けてくださいね。

 - 二重を作るアイテム