一重や奥二重を自力で二重まぶたにする方法

二重になりやすい状態にするための対策や二重になるためにおすすめの化粧品やアイテムをまとめています。

二重になりたい人におすすめしたい二重になる方法をご紹介

二重の画像
一重や奥二重で悩んでいる女性は意外と多いものです。さて、あなたは「一重まぶた」と「二重まぶた」のどちらが可愛いと思いますか?もちろん可愛いと思う基準、ポイントは人それぞれなので、一概にどちらがいい!とは言えません。

しかし、多くの人は「二重まぶた」のほうが可愛いと感じているのです

これはあながち間違いではありません。なぜなら、可愛いと人気の芸能人や雑誌のモデルなどはほぼすべて「二重まぶた」だからです。自分を可愛く見せる職業の人たちがみな二重まぶたということは、やはりそういうことなのでしょう。

しかし、遺伝の問題もありますが日本人は生まれながらにぱっちりとした二重まぶたの人は、実は少ないのです。みなさん様々な努力をして、二重まぶたを手に入れているのです。

二重まぶたになりやすい人となりにくい人の違い

二重まぶたを作るためのアイテムは色々ありますが、「二重まぶたになりやすい人」と、残念ながら「二重まぶたになりにくい人」という方がいます。この違いは何なのでしょうか。そして、「二重のラインがつきやすいまぶた」とはどのようなものなのか、はじめにお話ししたいと思います。

たとえば二重まぶた用化粧品のアイプチや、メザイクなどのファイバーを使って「すぐに二重まぶたができる人」と、二重ができても「すぐに元に戻ってしまう人」がいます。

この最大の違いは、「まぶたの脂肪」にあります。基本的に、一重まぶたの人は二重まぶたの人よりもまぶたに脂肪が多くついています。

どんよりとした目元、暗く陰った目元は、主に一重まぶたの人ですよね。これはまぶたに脂肪が多くつき、瞳を隠してしまっているからです。脂肪でパンパンになったまぶたでは、アイプチやメザイクを使ってもすぐに戻ってしまうでしょう

脂肪の重みでまぶたが垂れ下がり、「可愛い」とはかけ離れた目元になってしまいます。

二重まぶたを作るためにも「二重になる理由」を理解しよう


自分を可愛く見せたいという気持ちは、女性なら誰にでもあるものです。異性にモテたいとかではなく、ただ「可愛く見せたい」のです。いくつになってもキレイでいたい、可愛くいたい、二重まぶたになりたいと思うのは女性なら当然のことなのです。

可愛く見せるための方法に「メイク」があります。メイクを上手に使いこなしている人は、とても可愛く輝いて見えますよね?それはメイクをして可愛くなることで、自分に自信を持てるようになるからだと言えます。

そして、「可愛い人」のほとんどが「二重まぶた」です。二重まぶたになりたくて、いろいろな化粧品やアイテムを試しているという人もいるでしょう。中には、二重まぶた用化粧品を使い続けていたらいつの間にか本物の二重まぶたになった!という人もいます。それはなぜなのか?

二重まぶたになりたいと思うのなら、まずは「二重まぶたになる理由」を理解するところから始めましょう。

二重まぶたの人が、まぶたにくびれができる理由

二重まぶたは、まぶたにくびれができることでできます。一重まぶたの人は、この「くびれ」がないので、二重にはならないのです。

まぶたに「くびれ」ができるのは、「まぶたの皮膚」と「瞼板」という組織が癒着しているからです。「瞼板」はまばたきをするときに使われる組織になります。この2つがくっついているので、目を開けたときにまぶたの皮膚も一緒に引っ張られ、まぶたにくびれができるということです。

つまり、まぶたの皮膚と瞼板を「癒着」させることができれば、二重まぶたになれるということですが、何もせずに癒着させることは不可能と言わざるをえません。では、もともと癒着していない一重まぶたの人は、何をしても二重まぶたにはなれないのでは?と思いませんか。

まだ諦めないでください!たとえまぶたの皮膚と瞼板が癒着していなくても、専用のアイテムを使って癖を付けることで二重まぶたになる方法もあるのです。

だけど結局、癖付けしかないよね

「二重まぶた」は、多くの女性の憧れでもあります。可愛いと思う人のほとんどはぱっちりくっきりとした「二重まぶた」ですし、一重まぶたよりも二重まぶたのほうが明るく華やかなイメージが得られるからです。

そのことから、「二重まぶた」になるためにいろいろな努力をしている人も多いのではないでしょうか。一昔前まで、「本物の二重まぶた」になるためには「整形」するしか方法はないと言われていました。もちろん今も、整形をすれば高確率で「本物の二重まぶた」になることはできます。

しかし整形はリスクも高いので、あまりおすすめはできません。

一重や奥二重の人が、自力で二重になる要因は「癖付け」しかないんです
この当たり前の事実を認識しているかどうかで、まぶたのケアが大きく変わります。

目の周りのマッサージ、上目遣いで目を見開く、まぶたの脂肪を燃焼させるエクササイズなどがどれだけ重要かということです。もちろん、単順に遺伝という側面もあるんですけどね。

というわけで結論ですが、「癖付け」が一番重要です

では、癖付けをどうやって行なっていくのか?
マッサージでまぶたのむくみを取る方法などもありますが、やり方を間違えてしまうといつまでたっても二重になれません。そもそも時間がかかるのでめんどくさいといって止めてしまう人もいると思うんですがどうでしょうか?

上記のこともあり、最終的に「癖付けが出来るアイテム」で二重を手に入れた方が多いのです。

「え?マッサージより癖付けのアイテムを利用した方がいいの?」

と思う方も結構いると思います。
これは、二重を確実に手に入れるなら専用の商品を使うことが重要だということです

奥二重は元が出来ているので、もしかしたら大して癖付けのアイテムなんて利用しなくてもいいかもしれません。あくまで一重と比べた場合ですが。

まぶたのマッサージや上目遣いで目を見開くとか色々試している方もいますが、やり方に不安があるなら専用のアイテムを利用したいところです。

二重の癖付けに最適なアイテムとは?

二重まぶたは、毎日根気よく「癖付け」を行うことで自分のものにすることができる、ということを知っていますか?もちろんこれには個人差があるので、「確実」な方法というわけではありません。とはいえ、毎日続けていけばかなりの高い確率で「二重のライン」が癖付けされるのです。

これから「二重の癖付け」に最適なおすすめアイテムをご紹介します。

寝るとき専用の「二重まぶた用化粧品」

寝るときは目を閉じているので、当然ながら何もしなければ二重の癖は付きません。昼間はなんとか二重まぶたをキープしているとしても、さすがに夜間はそうもいかないのです。

そこでおすすめなのが、「寝るときにも使える二重まぶた用化粧品」です。色んな商品があるのですが、まぶたの調子を整えることもできる「美容液成分配合」のアイテムがおすすめ。昼間のメイクで負担をかけたまぶたを労ることができるので安心して利用出来るからです。

悩んでいる方におすすめ「ミセルD-ラインジェル」

ミセルD-ラインジェル

夜寝る前に塗るまぶた専用美容液と翌朝プッシャーとフォーマーで二重を作ることをコツコツと続けるタイプなので簡単。ミセルD-ラインジェルとナイトアイボーテどちらを買おうか悩んでいる方も多くいますが、配合されている成分からみても二重の矯正力はミセルの方が効果が良さそうです。

ユニスリム、ボディフィット、レガンスなどの肌の引き締め作用のある成分が、二重になりやすい状態へと導いてくれます。

キハダ樹皮エキス、クズ根エキス、カンゾウエキス、アロエベラエキス、オタネニンジン根エキスなど肌をいたわる成分や潤いを与える成分が配合された美容液なのでまぶたのケアも可能です。

楽天のアイメイク部門で1位を獲得したこともある人気商品になり、美容整形と違い、リスクなしで二重を手に入れられるのが大きな魅力なのでそれだけ注目度も高いのでしょう。

ミセルD-ラインジェルにのみ返金保障制度が付いているプランがあります。商品に対して不安要素があると感じた方は、初めに保証のあるセットを購入して使うのもアリです。商品を使って満足出来なかったときに商品代金が返金されるので安心。

詳しくは公式ページを確認してみてください。
ミセルD-ラインジェルについて詳しく見る

夜用でお探しなら「ナイトアイボーテ」二重美容液

本物の二重まぶたになるためには、「24時間二重の癖付け」が効果的で、それを可能にしているのがナイトアイボーテ。寝ている間に癖付けすることができるアイテムです。

保湿成分や美容成分も配合されているので、若々しいまぶたになりたい!という人にも最適です。ナイトアイボーテには、むくみを抑える引き締め効果もあり、二重の癖付けに「むくみを取る」ことはもっとも大切なことなのでかなりおすすめ。

まぶたへの負担を軽減するアイテムというだけあって、売れ筋の商品となっています。
「ボタンエキス」「フユボダイジュ」「アルニカハエキス」「アルテア根エキス」など肌荒れ、保湿、消炎、血行促進など肌トラブルを防ぐ刺激を抑えた美容成分と高い接着力があり、ナイトアイボーテは就寝中に利用出来るのが大きな特徴です。

寝てる間は、まばたきをしないのでしっかりと二重のクセを付けるのに最適な時間帯となります。

奥二重の場合は、まぶたの脂肪や浮腫みが原因となっていることが多いのですが、ナイトアイボーテの「アルニカハエキス」と「ボタンエキス」の2つの美容成分には「血行促進」の作用があるので、奥二重の腫れぼったいまぶたを抑えたい方にもおすすめ。

奥二重は線の幅が狭いこともあり、幅を広くするためにクセ付ける必要もあります。ナイトアイボーテはアイプチと価格を比べても大きな差はなく、夜付けるだけで血行促進と癖付けが可能な商品となっているのです。

通常4980円ですが、今なら先着100名に定期で2980円で販売をしていて、使ってみて気に入らなければ初回のみで解約することもできますのでこの機会に試してみるのも良いと思います。

公式ページでは動画を公開していますので詳しくはこちらを見てみてください。

ナイトアイボーテについて詳しく見る

コスパの良いアイテムは「アイテープ」

実は、「二重の癖付け」用のアイテムというのはドラッグストアにも並んでいますし、インターネット通販にもたくさんあります。そんな中でもコスパ、コストパフォーマンスが良いのはなんといっても「アイテープ」でしょう。アイテープとは、まぶたにシールのようなものを貼り付けて二重をキープするアイテムのことです。

片面だけ粘着性のあるテープと、両面テープの2種類があります。

「二重の癖付け」に最適なのは、片面のアイテープになります。まぶたに貼り付けることでアイテープが軸となり、テープの上にまぶたが乗っかって二重まぶたが作れます。とても簡単なのですが、素材上メイクをはじいてしまうものが多いため、「メイクをする」という前提では不向きと言えるでしょう。

しかし、「癖付け」としては最適です。

アイテープによる二重まぶたは、とても「くっきり」しています。家にいるときや寝るときなどに使っている人は多いのではないでしょうか。アイテープは100円ショップにもありますし、化粧品コーナーにも1ヶ月分300円くらいのものもあります。太めのものは自分でカットして使えるのもアイテープならではの魅力です。

安くてたくさん入っているものなら、惜しみ無く自分好みの二重の場所を見つけることができますね。

バレない!自然に仕上がる透明ファイバー

アイテープと似ていますが、細さ0.45mmのファイバータイプは水・汗に強く、強力な粘着力となっているのでおすすめです。ファイバーは細いのですが、この商品は、伸ばしても切れにくい高強度となっているので使いやすい。

アイテープと違い、バレにくい自然な仕上がりになれるよう透明と肌色のファイバーが用意されているので嬉しい。好みに合ったものを選ぶことが出来ます。

強粘着!高強度!めだたず二重をつくる極細ファイバー!

整形しなくても二重まぶたは作れるのか

ファッション誌などを見て、モデルさんに憧れを抱くという経験は、おそらく女性なら誰にでもあることだと思います。

メイクのコーナーを見て、いいなぁと思うことはあっても、「自分はモデルさんのようなぱっちり二重じゃないから」と、諦めてしまっていませんか?確かに、ぼってりとした一重まぶたとぱっちりとした二重まぶたでは印象も違いますし、メイクの映え方も違います。たとえモデルさんと同じようにメイクをしたとしても、一重か二重かでその仕上がりは随分と変わるものです。

二重まぶたを作るための化粧品やアイテムはたくさん販売されていますが、本当に二重になれるの?と半信半疑の人もいるでしょう。

結局のところ、「二重まぶたは整形しなければ手に入らない」と思っている人もいるかもしれませんね。ここでは、「整形しなくても二重まぶたを作る方法」について、まとめていきたいと思います。

まぶたを「二重になりやすい状態」にする

世の中には、「ぱっちり二重」の人もいれば、「どんより一重」の人もいます。ひとりひとり顔が違うように、まぶたも違うのが当たり前です。とはいえ、「二重まぶた」のほうが可愛く見えますし、相手にも明るい印象を与えることができますよね。

二重まぶたの人は、まぶたの皮膚と瞼板という組織が癒着しています。そのため、目を開けるとまぶたの皮膚も引っ張られてくびれができ、「二重まぶた」となるのです。

一方一重まぶたの人は、まぶたの皮膚と瞼板が癒着していない、または眼輪筋などの筋肉が弱く、まぶたの皮膚を引っ張ることができないのです。これではまぶたにくびれができず、二重まぶたにはなれません。

さらに、一重の人は「まぶたに脂肪が多い」人が多いです。まぶたが厚ぼったいので、何をしてもすぐに元に戻ってしまいます。アイプチなどの二重まぶた用化粧品を使っても、すぐに元通りになってしまった…という人もいるでしょう。このような人は、まぶたが「二重になりやすい状態」ではないのです。

整形をせずに二重を作るには、むりやり化粧品で二重を作っても意味がありません。これではすぐに戻ってしまうからです。「まぶたを二重になりやすい状態」にすることで、二重のラインが定着しやすくなりますよ。

二重になりやすい状態にするためのマッサージ

先ほどもお話ししたように、一重の人は「まぶたの脂肪が多い」のです。まずはこの脂肪を流して、まぶたをすっきりさせましょう!

顔の筋肉というのは、普段の生活では使わないものが大半だと言われています。筋肉を動かせば血液の流れも良くなり、脂肪の燃焼を促す効果も得られます。

目をゆっくりと、大きく見開いてみてください。このとき眉毛を動かさず、「まぶたの筋肉」を動かすことを意識してください。手のひらをおでこに当て、おでこにシワが寄らないようにするとうまくできますよ。ゆっくり見開いてゆっくり閉じる、この動作を10回繰り返します。

続いて、指の腹で目頭から目尻へと向かってまぶたの脂肪を流していきましょう。血管へ押し出すようなイメージです。強く押したり擦ったりすると、まぶたに負担がかかってしまいます。まぶたの皮膚はとても薄くデリケートなので、やさしくマッサージしましょう。目元用のジェルや乳液を使い、まぶたに摩擦が加わらないようにすると良いですね。

このマッサージを繰り返し行うと、マッサージをする前と比べて明らかに「まぶたがスッキリ」したのを感じられると思います。

まぶたの筋肉を鍛えることで、二重まぶたは作れる

まぶたの皮膚は、瞼板と癒着していなくても「一緒に引っ張る」ことはできます。それは、まぶたの筋肉によるものです。

実は、目の回りを含む「顔」には、たくさんの筋肉が存在しています。リフトアップに「頬の筋肉を鍛えるエクササイズ」か効果的なように、二重まぶたになるためには「まぶたの筋肉を鍛えるエクササイズ」が効果的なんですよ。

普段の生活で、顔の筋肉をまんべんなく使うことはおそらくないでしょう。大人になればなるほど喜怒哀楽は少なくなっていきますし、涙が出るほど笑うこともあまりないですよね。

目を大きく見開くことを、あなたはもっとも最近でいつ行いましたか?「目を大きく見開くこと」は、普段の生活ではあまりないのではないでしょうか。

二重まぶたにするために「まぶたの筋肉を鍛える」には、この「目を大きく見開くこと」がもっとも効果的なのです。改めて目を大きく見開いてみてください。まぶたが疲れるのを感じられると思います。これは、普段まぶたの筋肉があまり使われていない証拠だと言えますね。

上目遣いで目を見開き、まばたきを何回も行いましょう。すると、二重のラインができてくるのが分かると思います。

二重のラインを定着させるためアイテープを使うのもおすすめ

エクササイズを繰り返していると、二重のラインが定着しやすくなります。二重まぶた用化粧品を使い続けて二重になったという人は、化粧品の力を借りることで「二重のラインを定着させる」ことができた人なのです。

まぶたの脂肪を流してすっきりしたら、これで「二重を作る準備」はできました。この時点ですでに、うっすらと二重のラインができている人もいるかもしれませんね。

上目遣いで目を大きく開き、何回もまばたきをしてみましょう。このときできるラインが、あなたにとって「作りやすい自然な二重のライン」です。たくさんまばたきをすることで、二重のラインが定着しやすくなります。

整形をしなくても、二重まぶたを作ることは可能です。

エクササイズをしていると「目を開けている間」は二重になることができるようになります。しかし寝ている間は目を開くことはありません。そのため朝起きると二重のラインが消えている人は少なくありません。

寝ている間も二重のラインを定着させるためにも、「アイテープ」を使うことをおすすめします。アイテープを貼って寝るだけで、寝ている間も二重のラインが定着しやすくなりますよ。

闇雲に「二重まぶた用化粧品」を試すより、二重まぶたになる理由をしっかりと理解し、より効果のある方法を試していきましょう。

しかし、人によってはなかなか二重のラインが定着しないこともあるでしょう。こればかりは個人差があるので仕方がありません。諦めずに毎日マッサージをして、ラインを定着させていきましょう。

二重の癖を定着させるエクササイズも効果的

上記で紹介したようなアイテムを使うことで、二重の癖は確実に付きやすくなります。それに加えて「二重の癖を定着させるエクササイズ」も同時に行うとより高い効果が得られます。

このエクササイズは、上目遣いでまばたきをするだけという簡単さなので、誰でも行うことができます。すっぴんの状態で上目遣いをし、パチパチとまばたきを繰り返しましょう。このエクササイズを毎日繰り返し、なおかつ「癖付けに最適なアイテム」を使うことで、確実に二重の癖は付きやすくなると思います。

公開日:
最終更新日:2016/08/27